2008年  ゴールドコースト市 ライフガードの来県の概要

掲載日:2019年5月22日
 

オーストラリア旗日本旗

2008年(平成20年)8月9日(木曜)から、神奈川県および相模湾沿岸13市町村の友好交流先であるオーストラリア ゴールドコースト市よりライフガード2名が来県しました。

 

滞在期間:2008年(平成20年)8月7日~14日

来県中、吉成県民部次長訪問のため神奈川県庁に来県したほか、鎌倉市役所訪問、*神奈川ライフセービング協会(KLSA)とのライフセービング交流、県内視察などを行いました。

*神奈川ライフセービング協会(KLSA)は、1989年に設立され、水難防止、ライフガード及びライフセービングに関する知識と技能の研鑽等を目的として活動している団体です。2000年にゴールドコースト市とKLSAとの間でライフセーバー交換プログラムが開始されたことにより、ライフガード競技大会にゴールドコースト市職員であるライフセーバーの派遣が行われるようになりました。

*2018年10月~より神奈川ライフセービング協会(KLA)に変更

神奈川県庁訪問
(左から2番目)ルーク・イングワーセン氏 (右がら3番目)ピーター・ボール氏

吉成県民部次長訪問(8月8日)

県民部次長を表敬訪問記念品の交換
 

スイムツアー

スイムツアー1スイムツアー2スイムツアー3

技術指導等

技術指導1技術指導2

神奈川ライフセービング協会 第34回ライフガード競技会(8月13日)

競技会の様子1競技会の様子2競技会の様子3
競技会の様子4競技会の様子5競技会の様子6

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa