2018年 ライフセーバーのゴールドコースト市訪問の概要について

掲載日:2019年2月13日

平成30年11月16日から25日にかけて、特定非営利活動法人神奈川県ライフセービング協会の8名のライフセーバーがゴールドコースト市を訪問しました。平成12年から始まった本研修も今年で14回目を迎えました。現地では、市ライフガードの指導の下、各種トレーニングを体験するとともに、市長表敬、ホームステイ等の交流プログラムに参加しました。研修中はそれぞれのホストファミリーと過ごし、交流を深めました。

ゴールドコースト市ライフガードとの交流・トレーニング

CPR(心肺蘇生法)、レスキュー技術、PWC(水上バイク)レスキュートレーニングなどの講習を受けたほか、ゴールドコースト市のライフガード教育官ロッド・クレイフィールド・ホフキン氏によるアクティビティを行いました。

サーフトレーニング現地パトロール研修

 

 

トム・テイト市長を表敬訪問

ゴールドコースト市庁舎を訪れトム・テイト市長を表敬訪問しました。
 

トム市長表敬集合写真

(写真中央:トム市長)

ホストファミリー集合写真

(ホストファミリーのみなさまとの集合写真)

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa