かながわ地球市民メッセンジャーからのお便り(2018年2月14日 平成28年度神奈川県海外技術研修員 アルマスリ・アハマドさん)

掲載日:2021年7月16日

氏名:アルマスリ・アハマド(平成28年度神奈川県海外技術研修員)
出身国:ヨルダン
メッセンジャー委嘱予定期間:2017年3月から2019年3月

タイトル:Comparison between Jordan and Kanagawa Prefecture with regard to people with special needs/特別な支援が必要な人々に関するヨルダンと神奈川県の比較
日付:2018年2月14日

I consider myself lucky to be able to come to Japan and train in various institutions for elderly care and care of the disabled. My experience in Japan was rich; I learned many things regarding care taking of the disabled. Japan sets a very good example of how each member of the community matters, and how they do their best to make life easier for the disabled.

I trained in several institutions, ranging from group homes for the elderly to care taking of the disabled of all ages.

In Jordan we have few homes for the elderly, they lack sufficient funding and therefore it is a big burden to run. Also not too many people volunteer to help in everyday activities for these homes. The medical care is good. One example of homes is the White Beds home care. It is funded by the government and by the private sector. It is an NGO organization, and has about 150 people living there.

In general, Jordan started to pay more attention for the disabled. Although the infrastructure doesn’t support easy access for wheelchairs, some individuals started an initiative to raise awareness to this problem. This initiative, Accessible Jordan, was started by personal efforts of Miss Aya Aghabi and is funded by the UNESCO’S NET-MED Youth.

There are positive aspects to the disability acts of Jordan, one example being that individuals with disability can purchase cars exempted from custom taxes. Some veterans with disability can get advantages such as free wheelchairs, sport training, trips etc.

I hope one day Jordan will rise to the standards of Japan with regard to caring for the elderly and the people with special needs.

I would like to thank the government of Kanagawa for hosting me as a trainee, and for their efforts in making my stay as easy as it was.

 

【和訳】

日本に来ることができ、そして障がいを持つ方や高齢者の方のための様々な機関で研修することができてとても幸運だったと思います。日本での経験はとても実りのあるものでした。障がいを持つ方々のケアについて、多くのことを学ぶことができたのです。日本は、社会の一員としてそれぞれが担う役割、また、障がいを持つ方々が暮らしやすいように最善を尽くすという、とても良いお手本を見せてくれました。

私は高齢者のためのグループホームから、障がいを持つ幅広い年代の方をケアする施設まで様々な機関で研修を受けました。

ヨルダンには、高齢者のための施設はあまりありません。十分な資金がなく、運営に大きな負担がかかっているからです。そして、施設の人々と毎日の活動を共にするボランティアも多くいません。

一方で、医療面のとても良い例として「ホワイトベッド」という在宅ケアがあります。これは政府と民間セクターによって設立されたNGO団体で、ここには150人が暮らしています。

全体的に見ると、ヨルダンは障がいを持つ方々の声を聞くようになりました。車いすのためのインフラは整っていませんが、この問題について認識し、啓発をする人が出てきたのです。この啓発は「アクセシブル・ヨルダン」と呼ばれ、アヤ・アガビというひとりの女性の努力により始まり、ユネスコのNET-MED Youth(地中海青少年ネットワークプロジェクト)が出資しています。

ヨルダンにおける障がいを持つ方向けの動きの良い側面として、例えば障がいを持つ方が車を購入するときの税金免除があげられます。障がいを持つ兵役経験者に対しても、無償で車いすや運動トレーニング、旅行などの提供をしています。

私はヨルダンにおける高齢者や障がいを持つ方へのケアが、いつか日本と同じ水準になることを願っています。

また、研修生として私を受け入れてくださり、日本での快適な滞在をサポートしてくれた神奈川県に感謝しています。