東京湾沿岸高潮浸水想定検討会について

掲載日:2018年8月10日

これまで国内外での大規模な高潮被害が発生していることを踏まえ、国では想定し得る最大規模の高潮による浸水区域を明らかにし、避難体制等の充実・強化を図ることを目的として、平成27年に水防法を改正しました。本県では、地盤が低く、地下街なども多いことから、高潮により大きな被害が発生するおそれの高い東京湾沿岸を先行して検討することとし、平成28年12月に海岸工学等の専門家から構成される「東京湾沿岸高潮浸水想定検討会」(以下「検討会」という。)を設置し、技術的な検討を進めてまいりました。

東京湾沿岸高潮浸水想定検討会の構成

【会長】
柴山 知也 早稲田大学理工学術院 教授
【委員】(括弧書きは前任者)
稲垣 景子 横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院 特別研究教員
加藤 史則 国土交通省国土技術政策総合研究所河川研究部 海岸研究室長
吉田 秀樹(鈴木 武) 国土交通省国土技術政策総合研究所 沿岸海洋・防災研究部長
下迫 健一郎 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所港湾空港技術研究所 特別研究主幹
国土交通省関東地方整備局 京浜河川事務所長
国土交通省関東地方整備局 京浜港湾事務所長
横浜市港湾局政策調整部政策調整課 担当課長
川崎市港湾局港湾経営部 経営企画課長
横須賀市港湾部 港湾建設課長
三浦市総務部 防災課長
神奈川県環境農政局農政部 水産振興担当課長
神奈川県県土整備局河川下水道部 河川課長
神奈川県県土整備局河川下水道部 砂防海岸課長

東京湾沿岸高潮浸水想定検討会の検討結果について

検討会では、台風の規模や経路などの条件設定などについて整理した上で、想定し得る最大規模の高潮により氾濫が発生した場合に浸水が想定される区域、浸水深などのシミュレーション結果を取りまとめました。

東京湾沿岸高潮浸水想定検討会の検討結果(PDF:3,954KB)

今後の取組

今後は、連絡会において協議・調整を進め、東京湾沿岸(神奈川県区間)について、避難勧告の発令判断に資する「高潮特別警戒水位(高潮による災害の発生を特に警戒すべき水位)」の設定や、水防法に基づく「高潮浸水想定区域」の指定を行い、より詳細な浸水状況を把握できる図面を公表してまいります。
沿岸市では、指定後、地域防災計画を変更し、高潮浸水想定区域におけるハザードマップを作製する予定です。
なお、相模灘沿岸については、県では、沿岸市町と連携し、平成30年度から検討に着手し、早期の検討結果公表、区域指定等を目指してまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。