土砂災害防止法に基づく土砂災害特別警戒区域の指定及び指定に関する図面の閲覧について
ー土砂災害から「いのち」を守るためにー

掲載日:2019年12月20日
2019年12月20日
記者発表資料

県では、がけ崩れなどの土砂災害から「いのち」を守るため、土砂災害防止法に基づき、土砂災害警戒区域等の指定を進めています。
 急傾斜地の崩壊に係る土砂災害警戒区域※1については、平成28年度までに指定が完了していますが、本日、新たに土砂災害特別警戒区域※2を指定します。
つきましては、指定に関する図面について、次のとおり閲覧に供しますので、お知らせします。

 

※1 土砂災害警戒区域

土砂災害が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれがあると認められる土地の区域で、危険の周知、警戒避難体制の整備が行われます。

 

※2 土砂災害特別警戒区域

警戒区域のうち、建築物に損壊が生じ、住民等の生命又は身体に著しい危害が生じるおそれがあると認められる土地の区域で、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等が行われます。

1 新たに土砂災害特別警戒区域を指定する市区町村

(1)横浜市金沢区

(2)横浜市栄区

※一部隣接する他の区を含みます。

※特別警戒区域の指定に合わせ、既に指定している警戒区域が変更となる箇所もあります。

2 指定に関する図面の閲覧場所

閲覧場所 所在地

神奈川県県土整備局河川下水道部砂防海岸課

〒231-8588

横浜市中区日本大通1

(神奈川県庁新庁舎11階)

神奈川県横浜川崎治水事務所

〒220-0073

横浜市西区岡野2-12-20

(横浜西合同庁舎内)

※上記のほか、横浜市建築局建築防災課(横浜市中区相生町3丁目56番地1KDX横浜関内ビル12階)でも閲覧できます。

3 その他

指定に関する図面は、令和元年12月25日から「神奈川県土砂災害情報ポータル」でも閲覧可能となります。

問合せ先

神奈川県県土整備局河川下水道部砂防海岸課

課長 千葉 電話 045-210-6500

審査グループ 河野 電話 045-210-6505

急傾斜地グループ 井川 電話 045-210-6508

神奈川県横浜川崎治水事務所

工務部 急傾斜地第二課 永田 電話 045-411-2518