土砂災害防止法に基づく特定開発行為の制限について

掲載日:2018年9月11日

土砂災害防止法に基づく特定開発行為の制限について

土砂災害防止法に基づく土砂災害特別警戒区域において、以下の行為(特定開発行為)をしようとするときは、所在地を所管する神奈川県土木(治水)事務所長の許可を受ける必要があります。

ただし、非常災害のために必要な応急措置として行う行為等については、適用除外となっています。

  1. 住宅(自己の居住の用に供するものを除く。)を建築する目的で行われる土地の区画形質の変更
  2. 高齢者、障害者、乳幼児その他の特に防災上の配慮を要する者が利用する社会福祉施設、学校及び医療施設を建築する目的で行われる土地の区画形質の変更

なお、1及び2の用途でないことが確定していない場合も対象となります。

特定開発行為許可制度に係る手引き等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa