不適正経理の再発防止への取組みについて

掲載日:2021年3月31日

神奈川県と取引のある業者の皆様へ

神奈川県では、不適正な経理処理の再発防止策を実施しております。

実施に当たりまして、業者の皆様のご理解とご協力をお願いします。

詳しくは、神奈川県と取引のある業者の皆様へ(令和元年6月)(PDF:175KB)をご覧ください。

概要は以下のとおりです。

1 業者通報ホットラインについて

県の職員から不適正経理への関与を働きかけられた場合、県への通報専用窓口へご通報いただくことにより、働きかけを行った県機関に対し、会計局が抜き打ちで特別会計事務検査を実施します。

2 請求書の発行年月日の記載徹底について

県機関にご提出いただく請求書につきましては、必ず請求書を発行(提出)する日付をご記載ください。コンピューターシステムで印字する請求書については、発行(提出)する日付を併せて印字のうえ、ご提出ください。

 

不適正経理再発防止へのこれまでの取組みについて

平成23年4月から次の再発防止策を実施しています。

概要

1.業務委託・物品の賃貸借の見積依頼方法の変更等について

2.契約を締結する際に約定していただく事項について

(1)業者調査への協力(工事及び工事系委託を除きます)

(2)「神奈川県暴力団排除条例」に基づく暴力団等の排除(すべての契約が対象になります)

平成23年1月から次の再発防止策を実施しています。

概要

1.契約を締結する際に業者調査への協力を約定していただくことについて(工事及び工事系委託を除きます)

2.検査の実施時期・契約代金の支払時期に制約があることについて

3.請求書の提出にあたって注意いただきたい事項

(参考)「契約を締結する際に業者調査への協力を約定していただくことについて」

 

平成22年9月から次の再発防止策を実施しています。

概要

1.特別会計事務検査実施体制について

2.業者通報ホットラインについて

3.県に通報することなく不適正経理に関与した業者への指名停止措置等について

 

平成22年4月から次の再発防止策を実施しています。

概要

1.業者通報ホットラインについて

2.県の不適正経理に関与した業者への指名停止措置について

3.物品等発注方法(随意契約)の改善について

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。