神奈川県事業承継支援戦略

掲載日:2018年8月7日

神奈川県事業承継支援戦略

団塊世代の経営者層が、一般に引退年齢と言われる70代に突入しており、このまま放置すると、休廃業が増加し、地域経済の活力や多くの雇用が失われる恐れがあることから、中小企業・小規模企業に事業承継の早期着手を促すことが喫緊の課題となっています。

そのため、県と公益財団法人神奈川産業振興センターは、中小企業・小規模企業に事業承継の早期着手をさらに促し、円滑な事業承継により価値ある技術やノウハウを承継し、世代交代を通じた地域の活性化、県内経済の発展と雇用の維持・拡大及び生産性の向上が促進されるよう取組を充実強化していくため、平成30年6月に「神奈川県事業承継支援戦略」を策定しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。