ホーム > くらし・安全・環境 > 防災と安全 > 災害情報・危機管理 > 知事メッセージ(令和4年3月17日)

更新日:2022年3月24日

ここから本文です。

知事メッセージ(令和4年3月17日)

まん延防止等重点措置が3月21日で解除

 本日、国は、本県に適用してきた「まん延防止等重点措置」を、3月21日をもって、解除することを決定しました。
 県民、事業者の皆さんには、1月21日からの、2カ月にわたる重点措置の期間中、県からの要請にご協力をいただき、深く感謝いたします。
 
 重点措置の解除に合わせて、飲食店にお願いしてきた時短要請などの措置は終わります。また、県では、コロナ対応病床を、「災害特別フェーズ」から「フェーズ4」へ引き下げ、医療機関における通常医療の抑制を解除します。

 しかし、本県の新規感染者は、減少傾向にあるとはいえ、依然として1日数千人規模で発生しています。また、BA.2と呼ばれるオミクロン変異株にも警戒しなければなりません。

 間もなく、入学、就職、転勤など、人との接触機会が増える季節を迎えますが、ウイルスは消えたわけではありません。皆さん一人ひとりが、基本的な感染防止対策を継続し、「徹底用心」を心がけてください。
 特に、高齢者や基礎疾患のある方など、重症化リスクが高い方と接する場合は、家庭内でもマスクをするなど、対策をお願いします。
飲食の場では感染のリスクが高まります。短時間、少人数で、マスク飲食を実践してください。
 また、お花見で飲食する際も、同様の対応を心がけ、静かに楽しんでください。

 再び、感染拡大や医療のひっ迫を招かないためには、「徹底用心」と重症化リスクを軽減する「3回目のワクチン接種」が重要です。
 皆さんのご理解、ご協力をお願いします。

令和4年3月17日


神奈川県知事 黒岩祐治

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル
0570-056774