ホーム > くらし・安全・環境 > 防災と安全 > 災害情報・危機管理 > 知事メッセージ(令和4年3月4日)

更新日:2022年3月10日

ここから本文です。

知事メッセージ(令和4年3月4日)

まん延防止等重点措置が3月21日まで延長されます

 本県に、まん延防止等重点措置が適用されて、1か月半が経過しましたが、新規感染者は依然として高止まっています。医療のひっ迫度合いを測る、病床使用率も約70%と、医療現場では、大変厳しい状況が続いています。
 そのため本日、国は、本県におけるまん延防止等重点措置を、3月21日まで延長しました。
 県民、事業者の皆さんには、引き続きご負担をおかけし、大変心苦しいですが、何としても、この期間で重点措置が解除できるよう、次の事項について、ご協力をお願いいたします。

〇 ウイルスは身近にあります。オミクロン株に打ち克つためには、一人ひとりの「徹底用心」が、最大の武器になります。
 生活のあらゆる場面で、基本的な感染防止対策を実践し、「徹底用心」してください。特に、高齢者や基礎疾患のある方がいらっしゃるご家庭では、家の中でもマスクを着用するなど、「うつさない」対策を心がけてください。 

〇 飲食の場は、感染リスクが高まります。外食は、マスク飲食実施店の認証店を利用し、マスク飲食を徹底してください。
 飲食店では引き続き、営業時間の短縮や、1テーブルあたりの人数制限などに、ご協力をお願いします。

 県は、救える命を救うために、コロナ対応病床を「災害特別フェーズ」に引き上げ、医療機関とともに、最大級の対応を図っています。
 この難局を乗り切る鍵は、重症化リスクを軽減する、3回目のワクチン接種です。県は、市町村と連携して、接種体制の充実に取り組んでいますので、ワクチンに関する正しい情報を確認したうえで、早めの接種をお願いします。
 皆さんのご理解、ご協力をお願いします。
 

令和4年3月4日


神奈川県知事 黒岩祐治

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル
0570-056774