災害派遣等従事車両について(平成29年7月九州北部豪雨に伴う災害)(福岡県)

掲載日:2018年8月9日
 被災地の救援等のために使用する車両に対して発行される「災害派遣等従事車両証明書」について掲載しています。

対象期間

平成30年12月31日まで

対象となる車両

福岡県内の被災地において活動する次のいずれかに該当する車両

  1. 自治体等からの要請により、被災者の避難所又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)への救援物資等を輸送するための車両
  2. 自治体等からの要請により、被災地の復旧・復興にあたるための物資、人員等を輸送するための車両
  3. 自治体が災害救援のために使用する車両
  4. 災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

対象道路

通行料金の無料措置の対象となる有料道路は限られています。
ご利用予定の道路が対象となるか、事前に下記のホームページをご確認ください。

<参考>
福岡県ホームページ

交付申請について

神奈川県災害対策課または最寄りの市町村に申請し、災害派遣等従事車両証明書の交付を受けます。

【提出書類】 ※県への申請の場合

<ボランティア証明書の交付申請について>
災害ボランティア活動の場合は、事前に受け入れボランティアセンターが発行する「ボランティア証明書(ボランティア活動に従事予定の者であることを証明するもの)」の交付手続きが必要です。被災地のボランティアセンターに申請し、証明書の交付を受けてください。


※ボランティアの受け入れ状況はボランティアセンターにより異なります。必ず各ボランティアセンターにご確認下さい。
※被災地の混乱等を避けるため、現地と受入の調整は確実にお願いします。

<参考>

災害派遣等従事車両証明書発行のスキーム[PDFファイル/242KB]

福岡県社会福祉協議会 (各ボランティア情報)

注意事項

  1. 出口または精算料金所を複数通過する場合は、それぞれの出口または精算料金所で県または市町村で交付した災害派遣等従事車両証明書を提出する必要があります。このため、証明書の申請前に通行予定ルートでの料金所の数を確認し、証明書が不足することのないようにお気をつけください。
  2. ETCレーン及びスマートICの利用はできません。これらを通行した場合は、証明書を取得していたとしても無料措置の適用が受けられません。
  3. ETC車載器にETCカードを挿入したまま「ETC/一般」レーンを通行すると、一時停止した場合であっても課金され、無料措置の適用が受けられません。
  4. 災害派遣等従事車両証明書に記載の入口IC、出口IC以外の利用はできません(途中での出入りも不可)。

問合せ先

災害対策課 支援調整グループ (神奈川県庁第二分庁舎5階) 

電話 045-210-5945(直通)

FAX 045-210-8829

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa