はじめに

平成16年9月、武力攻撃事態等において、国民の保護のための措置を的確かつ迅速に実施することを目的とした国民保護法(武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律)が施行されました。

国民保護のマーク

オレンジの正方形の中に紺藍色の正三角形が描かれているマーク

このマークは、国民保護を行う人たちや場所などを識別するため、ジュネーブ諸条約などで定められている標章です。

国民保護とは

国民保護とは、武力攻撃や大規模テロなどから国民の生命、身体、財産を守るためのしくみです。

万が一武力攻撃等の事態が起こった場合には、国、県、市町村などが協力して迅速に避難誘導や救援を行い、住民の皆さんを守ります。

参照

国民保護措置の対象となる事態

武力攻撃事態

わが国に対する外部からの武力攻撃については、次の4つの類型が想定されています。

  • 着上陸侵攻
  • ゲリラ・特殊部隊による攻撃
  • 弾道ミサイル攻撃
  • 航空攻撃

緊急対処事態

武力攻撃に準ずる手段を用いて多数の人を殺傷する事態であり、次のものが想定されています。

  • 石油コンビナート施設等に対する攻撃
  • 大規模集客施設やターミナル駅等に対する攻撃
  • 核物質入り爆弾等による放射能の拡散等
  • 航空機などによる自爆テロ

国民保護措置の内容

避難の呼びかけ

警報発令、避難指示

国は、武力攻撃や大規模テロなどから国民の生命、身体、財産を保護するため緊急の必要があると認めるときは、警報の発令や避難措置の指示を行います。
県は、警報の内容や避難の指示を住民の皆さんに速やかに伝えます。

これらの警報や避難指示は、テレビ、ラジオ放送や、防災行政無線などを通じて住民の皆さんに伝達されます。

警報の内容

  • 武力攻撃事態等の現状・予測
  • 武力攻撃が迫り、または実際に発生したと認められる地域
  • 住民の皆さんに知らせるべき事項 避難所等への避難

避難の指示

  • 避難が必要な地域
  • 避難先となる地域
  • 避難のための交通手段
  • 避難の経路

住民の避難

市町村が消防・警察・自衛隊とともに避難誘導を実施します。 県境を越える避難

  • 避難所等への避難
  • 県境を越える避難

救援

県は、市町村と協力し、避難所の設置、食料や水の供給など避難住民の救援活動を行います。
また、安否情報を収集し、皆さんからの問い合わせにお答えします。

  • 避難所の設置
  • 医療の提供
  • 食品や生活必需品の供給
  • 安否情報の提供

被害の最小化

県は、国、市町村、施設管理者などと連携して、武力攻撃等による被害をできるだけ小さくするよう対処します。

  • 警戒区域の設定と区域内への立入制限
  • 消火、救急、救助活動
  • 生活関連等施設(ダム、鉄道施設など)の安全の確保
  • 危険物、毒物、高圧ガスなどの取扱所での製造等の禁止・制限など

国民の権利および義務に関する措置について

武力攻撃の際の避難住民の救援等に際しては、次のように皆さんの自由と権利に制限が加えられる場合がありますが、その実施にあたっては、憲法の保障する国民の自由と権利を尊重し、制限を加える場合でも、必要最小限の範囲で、公正かつ適正な手続きのもとに行います。

また、土地等の使用に係る損失補償や不服申立てなど、権利・利益の救済も行います。

原子炉の事業者などに対して

原子炉や危険物質などによる危険防止のため、国の機関の長などが、運転停止など必要な措置を講ずるよう命令することがあります。

医療関係者に対して

避難住民等の救援のため、県知事などが医療の提供を要請します。なお、正当な理由なく拒否したときは医療の提供を指示することがあります。

物資を取り扱う事業者に対して

避難住民等の救援のため、県知事などが医薬品、食品などの物資について保管を命令し、売渡しを要請します。なお、正当な理由なく拒否した場合は収用することがあります。

土地の所有者、施設管理者などに対して

避難住民等の救援のための収容施設又は医療施設を確保するため、県知事などが土地、家屋などを所有者の同意を得て使用することがあります。
ただし、正当な理由なく拒否したとき、所有者と連絡がとれないときなどは同意を得ないで使用することがあります。
また、武力攻撃災害への応急措置として、市町村長または県知事が土地、建物などを使用または収用することがあります。

ふだんの対策

万一の時のために準備しておきましょう

避難の様子

避難する時の持ち出し品

  • 飲料水
  • 食品(缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
  • 貴重品(預金通帳、印鑑、現金、パスポート、運転免許証など)
  • 救急用品(常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、ばんそうこう、体温計、消毒液、はさみ、ピンセット、安全ピンなど)
  • 軍手(厚手の手袋)
  • 懐中電灯
  • 衣類(セーター、ジャンパー類)、下着
  • 携帯ラジオ(小型のもの)、予備の電池
  • マッチ、ろうそく(水にぬれないようビニールでくるむ)
  • 使い捨てカイロ
  • ウエットティッシュ
  • 筆記用具
  • 乳幼児のいる場合は、ミルク、ほ乳びん、おむつ等も

数日間自活するための備蓄品

  • 飲料水(大人一人当たり1日3リットルが目安)
  • ごはん(水やお湯で戻して食べられるアルファ米が便利)
  • 缶詰、レトルト食品、ビスケット、板チョコなど、そのまま食べられるか、簡単な調理で食べられるもの
  • 下着 2、3組
  • 衣類 スウェット上下、セーター、フリースなど
さらに用意をしておきましょう

さらに…

  • 新聞紙や大きなゴミ袋は、防寒や防水に役立ちますので備えておきましょう。
  • 攻撃の手段として化学剤、生物剤、核物質が用いられた場合は、皮膚の露出を極力抑えるために、手袋、帽子、ゴーグル、雨ガッパ等を着用して避難することが必要になる場合がありますので、これらについても備えておきましょう。
こんな情報が出たら

身の安全を守るために

テレビやラジオで情報収集を

警報が発令されたら

屋内にいる場合

  • ドアや窓を全部閉めてください。
  • ガス、水道、換気扇を止めてください。
  • ドア、壁、窓ガラスから離れて座ってください。

屋外にいる場合

  • 近くの堅牢な建物や地下街など屋内に退避してください。

自家用車を運転している場合

車は路肩に寄せてキーをつけたまま避難
  • できる限り道路外の場所に車を止めてください。
  • やむを得ず道路に置いて避難するときは、道路の左側端に沿ってキーを付けたまま駐車するなど、緊急通行車両の通行の妨害にならないようにしてください。

避難の指示が出されたら

自宅から避難所へ避難する場合

  • ガスの元栓をしめ、電気のコンセントを抜いておきましょう。ただし、冷蔵庫のコンセントはさしたままにしておきましょう。
  • 頑丈な靴、長ズボン、長袖シャツ、帽子などを着用しましょう。
  • パスポートや運転免許証など、身分を証明できるものを持っていきましょう。
  • 家の戸締りをしましょう。
  • 近所の人に声をかけましょう。
  • 避難の経路や手段などについて行政機関からの指示に従い適切に避難しましょう。
災害時・緊急時

警報がなくても

身のまわりで急な爆発が起きたら

警報がなくても、身を守る姿勢をとる

  • 姿勢を低くし、身の安全を守りましょう。
  • 周囲で物が落下している場合は、落下がとまるまで、頑丈なテーブルなどの下に身を隠しましょう。
  • 爆発が起こった建物などから、できる限り速やかに離れましょう。
  • 警察や消防の指示に従って、落ち着いて行動しましょう。
  • テレビやラジオなどを通じて、行政機関からの情報収集に努めましょう。

火災が発生したら

  • できるかぎり低い姿勢をとり、急いで建物から出ましょう。
  • 口と鼻をハンカチなどで覆いましょう。

がれきに閉じ込められたら

  • ライターやマッチを使用しないようにしましょう。
  • 動き回って粉じんをかきたてないようにしましょう。
  • 口と鼻をハンカチなどで覆いましょう。
  • 自分の居場所を周りに知らせるために、配管などを叩きましょう。
  • 粉じんなどを吸い込む可能性がありますので、大声を上げるのは最後の手段としましょう。