平成29年8月8日11時27分 横浜地方気象台発表

神奈川県の雨のピークは過ぎましたが、西部では8日朝まで土砂災害に警戒してください。また、西部では8日朝まで、東部では8日夜遅くまで高波にも警戒してください。

[台風の現況と予想]
 台風第5号は、8日10時には糸魚川市の北約50キロにあって、1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。
 台風第5号は、8日は日本海を北北東に進み、9日夜までに秋田沖で温帯低気圧に変わる見込みです。

[防災事項]
<大雨・雷・突風>
 神奈川県西部では、これまでに降った大雨により地盤が緩くなっている所があります。8日夕方にかけて土砂災害に注意してください。
また、神奈川県は、台風に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となっています。8日夕方にかけて、落雷、竜巻などの激しい突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。
降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注意が必要です。

[防災事項]
<強風・高波>
神奈川県では海上を中心に8日夕方にかけて南よりの風が強く吹き、相模湾と三浦半島の東京湾では8日夕方にかけてうねりを伴ってしける見込みです。
8日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
   海上  15メートル(25メートル)
   陸上  12メートル(25メートル)
 予想される波の高さは、
   相模湾       4メートル
   東京湾(三浦半島) 4メートル
   東京湾(横浜・川崎)1.5メートル
の見込みです。
高波に警戒し、強風に注意してください。

今後の台風情報や気象台の発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報などに留意してください。

また、市町村の防災・避難情報に注意してください。

関連リンク