生命の星・地球博物館で、地域の企業と連携して開発した「地球博ラムネ」を販売します!
博物館の地元、小田原市の企業との共同開発!3月1日から販売です

掲載日:2020年2月26日
2020年02月26日
記者発表資料
(県政・小田原記者クラブ同時発表)

生命の星・地球博物館では、地域の民間企業と連携し、民間のアイデアやノウハウを生かして、施設の魅力を高める取組を進めています。このたび、小田原市内の企業とともに当館の収蔵資料や施設の図柄を使用した商品(清涼菓子)を開発し、当館で限定販売します。

1「地球博ラムネ」の概要

地球博ラムネ

名称

神奈川県立生命の星・地球博物館ラムネ 通称「地球博ラムネ」

販売場所

神奈川県立生命の星・地球博物館(小田原市入生田499)

1階 ミュージアムショップ(当館限定販売です)

販売価格

1袋(8個入り・計25グラム) 432円(税込)

特徴

地球博ラムネには、当館が所蔵・展示する貴重な標本など、8種類の図柄が一つひとつのラムネに直接プリントされており、自然史系博物館である当館ならではの楽しい商品となっています。

地球博ラムネの図柄(右上から時計回りに)

(1)タマゴタケ(屋外で撮影、館内では模型を展示)、(2)オオハム(水鳥)、(3)当館外観、(4)方解石(ほうかいせき)(犬牙状結晶(けんがじょうけっしょう))、(5)アンモナイトの壁、(6)レテノールモルフォ、(7)ヒオウギガイ、(8)ホロファグス・ペニキテトゥス(シーラカンスの仲間)

 

2連携した地元企業及び役割

  • 有限会社 谷和(小田原市鬼柳172-13):製造者

当館リーフレットの図柄をそのままラムネにすれば、博物館らしい、楽しい商品にできるというアイデアをいただいたことが、今回の「地球博ラムネ」の開発につながりました。

  • 株式会社 タブチ・クリエイションズ(小田原市西大友208-9):販売者 

当館ミュージアムショップの運営者として、展示解説書、特別展図録等の当館刊行物のほか、当館に因んだ土産品(地球博物館岩石チョコレート)の販売を行っており、今回の地球博ラムネの開発では、販売する立場から「売れる商品」の様々なアイデアをいただきました。

 

3取材について

取材を御希望の際は、事前に下記問合せ先まで御連絡ください。

 

問合せ先

神奈川県立生命の星・地球博物館

企画情報部長 田邊
電話0465-21-1515(内線302)(17時15分以降 0465-21-1526)

管理課長 保坂
電話0465-21-1515(内線202)(17時15分以降 0465-21-1526)