機械CADコース

掲載日:2019年5月20日

機械CADコースの概要

 

短期間でCADを使いこなして、即戦力のCADオペレータをめざす 機械CADコース

6ケ月の短期間で、機械製図と2次元、3次元CADの操作までマスターします。

発想を形にしていく、クリエイティブな技術・技能を身に付けます。

<CAD室風景>

訓練設備1 訓練設備2
一人1台のデスクトップPCを備えます。 プロジェクターで画面を表示して説明しますが、サブモニターも一人1台備えて、講師の操作画面を見やすくしています。

 

ものづくりに欠かせないCAD

CAD(キャド)を直訳すれば「コンピュータ支援による設計」。携帯電話や自動車などすべてCADの技術が使われています。おもちゃのもとになる金型を設計するのも、もちろんCAD。

少し前までは2次元が主流でしたが、最近は3次元が広く普及し、モデリング技術も大きく進歩しています。自分がCADで描いたものがカタチになり、実際に触れることができます。そんな醍醐味を体験してみましょう。

 

<2次元CAD実習課題>(機械製図)

機械図面1 機械図面2
AutoCADによる機械図面の作成

 

建築図面1 建築図面2
短期間ですが、建築図面や配管図面の基礎についても学びます。

 

<3次元CAD実習課題>

作品1 作品2
Inventorによるリンク機構の設計演習 Inventorによる昇降機構の設計演習

 

作品3 作品4
Inventorによる歯車機構の設計演習 Inventorによるサーフェス形状の検討
(例:マウス)

 

作品5
短期間ですが、SolidWorksによるモデリングも学びます。

 

<3Dプリンター製作課題>

作品6 作品7
3次元データの形状検証のために、3Dプリンターでモデルを製作。

 

短期間でのマスターをめざす

「機械CADコース」は、6ヶ月間で2次元・3次元CADの操作まで身に付けます。また、機械製図の基礎知識を習得しながら、CAD操作も集中して習得します。後半では操作実習が中心なので、製造業の設計・製図部門でCADオペレータとして活躍したい人にはおすすめです。


機械CADコースについて

訓練期間 6か月
定員(入校月) 20名(4月)/20名(10月)
訓練費用 無料(入校検定料、入校料、授業料)
ただし、教科書代、作業服代等の実費については本人負担になります。
主な就職先 機械機器製造業/設計部門のCADオペレータ/派遣・請負業など

 

主な訓練内容

学科 機械工学●材料力学●機械材料●製図●機械工作法●機械製図●機械設計法
実技 製図基本実習●2次元CAD製図実習●3次元CAD製図実習

 

就職についてQ&A

Q.求められる人材は?

A.CADの操作ができるだけでなく、機械図面が細部まで読める、立体形状の理解力、製造技術がおよそ理解できることなどが求められます。また、設計補助、CADオペレータといった職種は、設計者とのコミュニケーションが必要とされるとともに、自らの問題解決能力も必要とされます。

Q.勤務体系や待遇面は?

A.勤務時間は始業が8時から9時の間、終業が17時から18時の実働8時間、未経験者の給与は月収18万円から20万円か、それよりも少し低い会社が多いようです。

Q.主な就職先は?

A.就職先は、自動車機器製造業、電気機器製造業、精密機器製造業、アウトソーシング業等の、機械設計、設計補助及びCADオペレータとして活躍します。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。