チャレンジプロダクトコース

掲載日:2019年5月20日

チャレンジプロダクトコースの概要

 

4分野の訓練を体験してから専門分野を選択して、製造業での就労を目指します。

機械加工 機械CAD 溶接・板金 電気
チャレンジ(機械加工) チャレンジ(機械CAD) チャレンジ(溶接・板金) チャレンジ(電気)

 

ものづくりにチャレンジ

「プロダクト」とは、「製品」のこと。私たちの身の回りは工業製品であふれています。自動車、エアコン、携帯電話。その形を作り出すために必要なのが、機械加工、機械CAD(機械製図)、溶接・板金、電気などの知識や技術です。

「チャレンジプロダクトコース」では、基礎訓練で機械加工、機械CAD、溶接・板金、電気といったさまざまな「ものづくり」にチャレンジします。まず、ものづくりの面白さを実感しましょう。

チャレンジプロダクトコースの訓練の流れ

 

チャレンジ(実習の様子1)

さまざまな「ものづくり」を学んだ後は、企業実習を目指して、専門分野技術を深めていきます。
訓練を受けながら取得できる資格は、『アーク溶接等の業務に係る特別教育』、『研削といしの取替え等の業務に係る特別教育』、『ガス溶接技能講習』の修了証などがあります。

チャレンジ(実習の様子2)

 

「学びながら、働く」。企業とのコラボレートで就職を完全サポート

「チャレンジプロダクトコース」は、校内訓練のほか、企業で実際に働いてみる企業実習が含まれています。
多彩な企業の中から、企業との面接を行い、自分に合った実習先を選択します。
就職に役立つ実践的な技術を身に付けることができるコースです。

 

 

チャレンジプロダクトコースについて

訓練期間 1年
定員(入校時期) 15名(4月)/15名(10月)
訓練費用 無料(入校検定料、入校料、授業料)ただし、教科書代、作業服代等の実費については本人負担になります。
主な就職先 機械製品設計・製造業/金属製品設計・製造業/設計事務所の製図部門/電気設備業/電気機器製造業など

 

主な訓練内容

各専攻共通

学科 切削加工法:理論/工具/加工/NC工作●製図:JIS製図規格/機械製図●測定法:形状測定●材料:金属/非鉄金属●電気工学概論:電気磁気学/回路理論/電力と三相交流/電気機器●その他:安全衛生管理/関係法規
実技 切削加工実習:旋盤・フライス・NC加工●NCプログラミング実習:NC加工プログラミング●金属加工実習:ガス溶接・溶断/アーク溶接/板金基礎●CAD製図実習:2次元・3次元CAD基本操作
企業実習 (各専攻分野で企業実習を実施)

 

機械加工専攻

学科 機械工学概論●NC工作概論●生産工学概論●製図●機械工作法●測定法●安全衛生●切削加工法及び研削加工法●精密加工法
実技 安全衛生作業法●測定●NCプログラミング実習●機械工作実習●切削加工及び研削加工実習●精密加工実習●機械基礎実験●CAD/CAM実習

 

機械CAD専攻

学科 基礎製図●機械工学●機械工作概論●機械製図●機械設計法●2次元CAD・3次元CAD
実技 OA機器操作実習●基礎製図実習●機械製図実習●機械設計実習●2次元CAD実習●3次元CAD実習

 

溶接・板金専攻

学科 溶接・板金材料●板金製図●安全衛生●機械工作法●溶接機器●溶接施工法●板金工作法●溶接検査
実技 安全衛生作業法●ガス溶接実習●被覆アーク溶接実習●熱切断実習●板金工作実習●炭酸ガスアーク溶接実習●アルゴンガスアーク溶接実習●レーザ・ベンダー加工実習●板金CAD/CAM実習

 

電気専攻

学科 電気理論:電気計測●電気図面●電気機器●電気法規●電気安全●シーケンス制御
実技 測定実習●電気工事●シーケンス制御実習●プログラマブルコントローラ●制御工学演習

 

就職について Q&A

Q.求められる人材は?

A.基礎的な技術や技能・知識を身に付けていることは勿論ですが、「やる気」や「チャレンジ精神」など、仕事に対して前向きに取り組む姿勢が求められています。また、世代交代を考えている企業にとっては、先輩技能者の技を受け継ぐために必要となる「コミュニケーション能力」や「協調性」も重要になります。

Q.勤務体系や待遇面は?

A.給与は、専攻分野、年齢、経験等によって異なりますが、過去の実績として、月収17万円から25万円が平均となっています。また、勤務体系や待遇面についても、専攻分野の職種により大きく変わるため、入校後のオリエンテーションや就職面談の中で説明しますが、ご自分でもよく調査してください。

Q.主な就職先は?

A.就職先は、輸送機器製造業、電気機器製造業、各種部品造業、設計請負業などです。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。