ケアワーカーコース

掲載日:2019年5月20日

ケアワーカーコースの概要

 

「実務者研修」に対応したコース ケアワーカーコース

平成25年4月から、喀痰吸引等の医療的ケアを取り入れた実務者研修に対応した内容に変わりました。

訓練の様子1

 

人を思いやる気持ちを専門の知識と技術で提供するケアワーカー

 ケアワーカーは、在宅や福祉施設などで、高齢者や障害者の身体介護や生活援助をする仕事です。医療や看護など他の職種と連携しながら、介護をしている家族への相談・助言や精神面の支援なども行うなど、コミュニケーションやチームケアが必要な仕事です。介助を必要とする方がその人らしい豊かな生活を送ることができるように、個人の尊厳と自立を支援し、心と身体のケアをする大切な存在です。人を思いやる気持ちと専門の知識・技術を持ったケアワーカーは、これからの高齢社会にますます必要になります。

 

実務者研修の修了をめざす

訓練の様子2
介護職員の研修体系が見直され、平成25年4月から、『実務者研修』に対応した内容になっています。
このカリキュラムを全て修得すれば、3年間の実務経験により、『介護福祉士』の受験資格を取得できます。


 

ケアワーカーコースについて

訓練期間 6か月
定員(入校月) 30名(4月)/30名(10月)
訓練費用 無料(入校検定料、入校料、授業料)
ただし、教科書代、作業服代等の実費については本人負担になります。
主な就職先 特別養護老人ホーム/有料老人ホーム/
ディサービス・訪問介護事業所等介護保険事業所/各種福祉施設など

 

主な訓練内容

学科 人間の尊厳と自立●介護の基本的理解とリスクマネジメント●
介護におけるコミュニケーション技術●生活支援の技術と環境整備●
介護過程の基礎的知識と応用●老年期の疾病と認知症・障害の理解●
介護に関わるこころとからだ●医療的ケアの理論と実践
実技 介護におけるコミュニケーション技術●生活支援の技術と環境整備●
介護過程の基礎的知識と応用●医療的ケアの理論と実践

 

就職についてQ&A

Q.求められる人材は?

A.ケアワーカーの仕事はチームで取り組む仕事です。何より大切なことは仲間とコミュニケーションを円滑に図りながらチームワークを向上させていくことです。また、ご利用者様に安全で、安心できる介護サービスを提供していくことを基本としています。更に、ご利用者様の自己決定を尊重できるコミュニケーション能力を身につけておくことが必要です。

Q.勤務体系や待遇面は?

A.施設ではシフト勤務(早番・日勤・遅番・夜勤のローテーション勤務)で月収は20万円から22万円程度。通所介護・通所リハビリでは日勤で月収は16万円から18万円程度。訪問介護は24時間巡回型や日勤など多様で時給1,200円から1,400円程度。訪問介護でもサービス提供責任者になれば月収18万円から20万円程度となります。

Q.主な就職先は?

A.就職先は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、通所介護(デイサービス)・通所リハビリ(デイケア)の通所系事業所、訪問介護事業所などです。求人が多く、平成23年度、24年度と、修了生全員が修了時までに就職内定しました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。