自動車整備コース

掲載日:2019年5月20日

自動車整備コースの概要

 

信頼されるカードクターをめざそう 「自動車整備コース」

自動車整備に関する高い知識と技術・技能を持つ2級自動車整備士を育成します。

実習の様子1

 

クルマのドクター、自動車整備士

自動車の調子が突然悪くなってあわてないためにも、定期的な点検は欠かすことができません。自動車整備士は、専門的な知識と技術を持って、自動車の点検や整備を担当する職業です。

自動車を正常な状態に保つ大切さ

自動車整備士の仕事は、国の基準である道路運送車両法保安基準を満たしていることはもちろん、それぞれの自動車が本来持つ性能を100%発揮させることと、そのために必要不可欠な点検・整備を、ユーザーに代わって行います。そして環境への影響が非常に大きい、エンジンやエアコン等の各種装置を、コンピュータ外部診断機等を使い、点検・整備しています。

自動車整備士は知識と経験で確実な作業を行い、みんなの健康と安全を守っているのです。

実習の様子2

 

整備士の資格にチャレンジ

「自動車整備コース」では、『二級自動車整備士』(二級ガソリン自動車整備士、二級ジーゼル自動車整備士)の資格取得をめざします。

本来、自動車整備士になるためには、一定の受験資格を満たしたうえで、国土交通省の自動車整備士技能検定「学科試験及び実技試験」を受け合格しなければいけません。でも、「自動車整備コース」なら、修了することで受験資格が得られ、さらに実技試験が免除されます。信頼されるカードクターをめざしましょう。

新しい自動車整備の手法に対応

コンピュータを使った自動車故障診断や環境対応型自動車(ハイブリッド車)の実習車両導入など、新しい自動車整備方法に対応した設備も導入しています。


 

自動車整備コースについて

訓練期間 2年
定員(入校月) 30名(4月)
訓練費用 有料(入校検定料、入校料、授業料)
その他に、教科書代、作業服代等の実費についても本人負担になります。
主な就職先 自動車整備業/自動車・自動車部品販売業など

 

主な訓練内容

学科 自動車工学●自動車整備●自動車検査●法令●機器の取扱●フロントサービス
実技 自動車整備作業●自動車検査作業

 

就職についてQ&A

Q.求められる人材は?

A.自動車整備士は、専門の知識と技術を持って自動車の点検や整備を担当するサービス業です。自動車に不具合が生じた場合、お客様に対して適切な問診を行い、整備作業の概要をお知らせして短時間で迅速・正確にこれを遂行しなければならない職業です。またお客様への納車の際には作業の内容などを分かりやすく説明しなければなりません。このような業務ですので、求人企業は体力に自信があり知識・技術を身に付け、その上で接客対応がしっかりできる明るく素直でやる気のある若い人材を求めています。

Q.勤務体系や待遇面は?

A.企業によっても若干異なりますが、自動車ディーラーなどでは土曜日や日曜日祝日なども営業している企業もあります。また初任給は新規高校卒業者が2年間の訓練を修了した場合で、おおよそ18万円前後です。

Q.主な就職先は?

A.今までの修了生の主な就職先は、自動車ディーラー(販売・整備)、自動車整備業、自動車部品販売業などです。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。