生食用豚肉の販売・提供の禁止について

掲載日:2018年3月8日

豚肉を生食用として販売・提供することが禁止されます

豚肉や豚レバーを生で食べると、E型肝炎ウイルスに感染するリスクがあり、重篤な肝障害を起こす可能性があります。また、サルモネラ属菌やカンピロバクター・ジェジュニ/コリなどの細菌によるリスクや寄生虫の感染事例もあります。

このため、平成27年6月12日から食品衛生法に基づいて、豚の肉や内臓を生食用として販売・提供することが禁止となりました。

参考資料

お問い合わせ先

厚木保健福祉事務所 食品衛生課
電話 046-224-1111(代表)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。