厚木保健福祉事務所 感染症情報

掲載日:2020年1月27日

厚木保健福祉事務所管内(厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村)での感染症発生情報をお知らせします。

グラフでは、インフルエンザ感染性胃腸炎、水痘(水ぼうそう)、ヘルパンギーナ、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などの流行状況が確認できます。

週報 2020年 第3週(1月13日から1月19日)

2020年 第3週 グラフ等ダウンロード(PDF:354KB)

一言

各メディアでもとりあげられていますが、中華人民共和国湖北省武漢市において昨年12月以降新型コロナウイルス関連肺炎の発生が報告されています。武漢市から帰国された方で発熱や咳の症状がある場合には事前に医療機関に連絡した上で速やかに受診してください。また、咳エチケット(マスク着用)や手洗いうがいに気を付けましょう。インフルエンザ感染症もピークは過ぎましたがまだ注意報レベルで流行しております。こちらも手洗いうがい、マスク着用で予防に努めましょう。

週報 2020年 第2週(1月6日から1月12日)

2020年 第2週 グラフ等ダウンロード(PDF:353KB)

一言

第2週において、インフルエンザウイルス感染症の厚木管内の定点当たりの報告は20を超えており、今後さらに報告数の増加が予想されるため注意が必要です。咳エチケットによる感染拡大の防止とともに、外出時のマスク着用、外出後の手洗いが感染予防に有効です。発熱、咳嗽などの呼吸器症状がありましたら、早めにかかりつけの医療機関を受診しましょう。また感染性胃腸炎の定点当たり報告も県内平均に比べ高くなっています。感染者の嘔吐物や便から手指を介した感染が原因の1つです。食事の前やトイレの後は流水と石鹸で手洗いをしっかり行いましょう。

月報 2019年 12月

2019年 12月グラフ等(PDF:289KB)

バックナンバー

2020年 バックナンバー

2019年 バックナンバー

平成30年 バックナンバー

平成29年 バックナンバー

平成28年 バックナンバー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。