うがいの方法

掲載日:2018年3月8日

「ただいま」の後は、うがい。

「ただいまの後は手洗い、うがい。」と言われています。手洗いは意識してしていても、うがいはきちんとできていますか?

外にいるとき、のどは、外の空気に直接さらされています。のどは、菌やウイルスをブロックする役割をしているため、外から帰ってくると、のどにはたくさんの菌やウイルスが付着しています。正しいうがいの方法をマスターしましょう。

うがいの方法

  1. コップに水を汲みます。
  2. まず、口の中を清潔にするため、「ブクブクうがい」をします。水はあまりたくさん口に入れすぎないほうが、強くブクブクできます。
  3. 次に、のどの中を清潔にするため、「ガラガラうがい」をします。しっかりと上を向き、のどの奥まで水が届くようにして15秒程度うがいします。
  4. 3.を何回か繰り返してうがいします。

お茶やうがい薬について

お茶に含まれるカテキンには、殺菌作用があるため、お茶でうがいをすることである程度の効果が期待できます。

市販のうがい薬は、ポピヨンヨード、塩化セチルピリジニウムなどの殺菌成分が含まれています。使用するときは、添付文書をよく読んで、指定されている量で薄め、正しく使用しましょう。

問い合わせ先

神奈川県厚木保健福祉事務所 保健予防課
電話 046-224-1111(代表) 内線3226から3228、3239
ファックス 046-221-4834
〒243-0004 厚木市水引2-3-1 厚木合同庁舎3号館

※厚木保健福祉事務所(本所)の所管は、厚木市・海老名市・座間市・愛川町・清川村です。大和市・綾瀬市は、厚木保健福祉事務所 大和センターの所管です。