知っておきたい子どもの熱中症

掲載日:2018年3月8日

知っておきたい子どもの熱中症

熱中症は、真夏の炎天下だけではなく、梅雨の時期や室内、夜間でも発生しています。
特に乳幼児は体温調節機能が未熟なため、脱水症状を起こしやすく、熱中症のリスクも高くなります。保護者が子どもの様子をよく観察し、水分補給や環境を整えれば予防できます。
知っておきたい子どもの熱中症 [PDFファイル/255KB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。