2018年県政重大ニュース・トップ10決定!
-みんなで選ぶ今年の県政重大ニュース、投票結果を発表します-

掲載日:2018年12月27日
2018年12月27日
記者発表資料

 今年も、多くの方々から1年間の県政を振り返り、心に残った県政重大ニュースに投票いただき、次のとおり「2018年県政重大ニュース・トップ10」を決定しました。
投票へのご協力ありがとうございました。

1 投票結果

順位 投票数 項目
1位 1,271票 1「いのちの砦」県立がんセンターの危機を回避して重粒子線治療継続(2月~)
2位 1,250票 10 次代を担う子どもたちのために、国に先駆け、私立高等学校等授業料の実質無償化を実施(4月~)
3位 1,215票 13 免震・制振装置の検査データ改ざんや非建築士による建築物の設計が発覚。建築物の安全に対する信頼が揺らぐ(5月、10月)
4位 1,196票 8 大盛況!食・運動・癒しを通じた未病改善を実践できる施設「未病バレー BIOTOPIA」がオープン!イベントには、未病改善ヒーロー「ミビョーマン」も登場(4月~)
5位 1,195票 14 国の「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」の両方に、都道府県では唯一選定。SDGsの先導的な取組として「かながわプラごみゼロ宣言」を発表(6月、9月)
6位 1,179票 23 県庁前の日本大通りが毎週日曜日「歩行者天国」に!マグカル拠点としての「開放区」も始動(10月)
7位 1,160票 19 障がい者雇用状況の不適切な計上が判明。再発防止策などを検討(8月~)
8位 1,083票 2 津久井やまゆり園の再生に向けた利用者の意思決定支援の取組が本格化。また、「ともに生きる」ことを共感するイベント「みんなあつまれ」を赤レンガ倉庫前で開催(3月、5月~)
9位 1,074票 4 厚木基地からの空母艦載機部隊の移駐完了や根岸住宅地区の返還に向けた協議開始等の動き。また、相模総合補給廠への米陸軍防空砲兵旅団司令部駐留が開始(3月、10月、11月)
10位 1,024票 28 キャッシュレスの推進のため、「キャッシュレス都市(シティ)KANAGAWA宣言」を発表!(11月)

※2018年県政重大ニュース・トップ10候補へのすべての投票結果は資料1(PDF:243KB)参照

2 投票の概要

(1) 投票者数等

投票者数: 5,883 名
投票数 : 26,151 票

(県ホームページ、県主催イベントの場等を通じた投票)

(2) 投票期間

平成30年11月22日(木曜)~ 12月17日(月曜)

(3) 決定方法

「2018年県政重大ニュース・トップ10候補(31項目)」(資料2(PDF:433KB))から、一人5項目を選んで投票していただき、投票数の多い順にトップ10を決定

 

問合せ先

政策局知事室

政策推進担当課長 杉山
電話 045-210-2026

政策推進グループ 宇角
電話 045-210-2034

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。