セーリングワールドカップシリーズ江の島大会

掲載日:2018年4月3日

世界のトップセーラーが競い合う!
セーリングワールドカップシリーズ江の島大会が
2018年9月9日~16日に開催されます!

セーリングワールドカップシリーズとは

 セーリング ワールドカップシリーズは、ワールドセーリング(国際セーリング連盟)が主催するオリンピック種目の国際大会です。ワールドセーリングが統括するランキング上位者が出場し、世界を転戦しながら1 年間に4 大会(予定)を行うシリーズで、総合ポイントによりチャンピオンが決定します。2013 年よりワールドセーリングが主催する大会となっています。
 日本初開催は、2017年10 月15 日~22 日に愛知県蒲郡市の海陽ヨットハーバーで開催された「セーリング ワールドカップシリーズ愛知・蒲郡大会」(2017-2018 シリーズの開幕戦)で、この大会には38 カ国・地域から253 人の選手が参加しました。
 2018年以降は大会拠点をオリンピック・セーリング競技会場である江の島ヨットハーバーに移し、3 年連続で行われます。2018 年は9 月9 日~16 日に行われ、2019 年および2020 年の開催スケジュールは、ワールドセーリングおよび関係団体と調整して決まります。

 競技種目は以下のとおりオリンピック種目10 種目、パラリンピック種目1 種目(東京2020パラリンピックではセーリング競技は実施されません)の予定です。

・ 470 級 男子(2人乗り)                       
・ 470 級 女子(2人乗り)
・ 49er 級 男子(2人乗り)
・ 49erFX 級 女子(2人乗り)
・ レーザー級 男子(1人乗り)
・ レーザーラジアル級 女子(1人乗り)
・ フィン級 男子(1人乗り)
・ ナクラ17 級 男女混合(2人乗り)
・ RS:X 級 男子(ウインドサーフィン)
・ RS:X 級 女子(ウインドサーフィン) 
・ 2.4mR 級 (1人乗り・パラリンピック種目)

470
470 級

RSX
RS:X 級

平成29年11月14日(火曜日)に実行委員会が設立されました

 平成29年11月14日(火曜日)に江の島ヨットハーバーでセーリングワールドカップシリーズ江の島大会実行委員会設立総会が開かれました。詳しくはセーリングワールドカップシリーズ江の島実行委員会設立のページへ。
 

関連するページ

ワールドカップシリーズ江の島大会2018日本語版ホームページ