セーリングワールドカップシリーズ江の島大会

掲載日:2019年9月27日

セーリングワールドカップシリーズ江の島大会2019が開催されました!

 セーリングワールドカップシリーズとは

 セーリング ワールドカップシリーズは、ワールドセーリング(国際セーリング連盟)が主催するオリンピック種目の国際大会です。ワールドセーリングが統括するランキング上位者が出場し、世界を転戦しながら1 年間に4 大会(予定)を行うシリーズで、総合ポイントによりチャンピオンが決定します。2013 年よりワールドセーリングが主催する大会となっています。
 2018年からはオリンピック・セーリング競技会場である江の島ヨットハーバーにおいて、3 年連続で行われます。2019 年は8月25 日から9月1 日、2020 年は6月14日から21日に行われます。
  競技種目はオリンピック10種目の予定です。

470 RSX

                  470級                                     RS:X 級

セーリングワールドカップシリーズ江の島大会2019開催結果について

セーリングワールドカップ江の島大会2019が、8月25日から9月1日に江の島ヨットハーバーにて開催されました。46カ国・地域から496人の選手が参加し、熱い戦いが繰り広げられました。メダルレースが行われた8月31日・9月1日には、ワールドカップフェスティバルも開催されました。ステージイベントやレースの生中継等で盛り上がりました。

 

日本人選手では、男子470(よんななまる)級で、土居一斗選手・木村直矢選手ペアが銅メダルを獲得しました!スウェーデンチームとの熾烈な3位争いを制し、見事、表彰台に登りました。
doikimura
メダルを手に笑顔の土居選手、木村選手。おめでとうございます!

 

その他大会の詳細については、次のホームページをご覧ください。

○大会について
セーリングワールドカップ江の島大会2019公式サイト(外部サイトへ移動します。)

 

○イベントについて

<日程>

8月31日(土曜日)、9月1日(日曜日)
10時から18時00分

<内容>

・大型ビジョンでレースを生中継
 実況解説付きで、メダルレースを生中継。
・グルメブース
 地元グルメのキッチンカーが出店
・ステージイベント

 <8月31日(土曜日)>
 10時    オープニング
 10時15分 鵠沼高等学校マーチングバンド部
 11時     ブースPRタイム
 11時30分 セーリング・ミニトーク/メダルレースを楽しむために
 11時45分 メダルレース生中継(予定) 

 <9月1日(日曜日)>
 10時   オープニング
 10時15分 STUDIO HANA!(ダンスパフォーマンス)
 11時   神奈川県バトン協会(バトントワリング)
 11時45分 メダルレース生中継(予定)

・ワークショップ
 シーグラス(波に揉まれ丸くなったガラス)でネックレス作り

※内容は変更となる場合があります。

 

セーリングワールドカップシリーズ江の島大会2018開催結果について

 日本で2回目の開催(初開催は愛知県蒲郡市)となる、セーリングワールドカップシリーズ江の島大会が2018年9月9日〜16日に江の島ヨットハーバーにて開催されました。この大会は44ヵ国・地域から465人の選手が参加しました。9月15日、16日はメダルレースがあり、同時に江の島南緑地付近に設けたステージを中心にワールドカップフェスティバルが行われました。また、大会期間中は約20,000人の方が訪れ、とても盛り上がりました。

セーリングワールドカップシリーズ江の島大会2018に向けて、
知事が選手を激励しました

 2018年9月6日(木曜日)に、「セーリングワールドチャンピオンシップ」及び「第18回アジア競技大会」において、金メダルを獲得した神奈川県にゆかりのある選手に知事がお会いして、お祝いの言葉とセーリングワールドカップシリーズ江の島大会2018に向けた激励を行いました。

 2018年9月6日付 写真で見る!黒岩日記
 http://www.pref.kanagawa.jp/chiji/photolog/2018/0906-2.html

2017年11月14日(火曜日)に実行委員会が設立されました

 2017年11月14日(火曜日)に江の島ヨットハーバーでセーリングワールドカップシリーズ江の島大会実行委員会設立総会が開かれました。詳しくはセーリングワールドカップシリーズ江の島実行委員会設立のページへ。