祝!セーリングワールドチャンピオンシップ優勝!

掲載日:2018年8月10日

a

吉田愛選手・吉岡美帆選手が日本人女子選手初の金メダル!

 デンマーク・オーフスで開催中のセーリングワールドチャンピオンシップで、湘南港で腕を磨いてきた、吉田愛選手・吉岡美帆選手のペアが470級女子で日本人初の金メダルを獲得しました!

ワールドチャンピオンシップとは…

 セーリングワールドチャンピオンシップは4年に一度開催されるレースで、オリンピック種目10クラスと2024年から追加されるカイトボーディング男女を含む合計12種目で競われ、100ヶ国近い国から1000艇を超える参加がありました。

 また、今回の大会は開催国枠で出場が決まっている日本を除き、2020年東京オリンピック競技大会セーリング競技における国枠を争う初めてのレースとなり、オリンピック出場を目指す多くの選手が参加しました。

知事からのお祝いメッセージ

 デンマーク・オーフスで行われているセーリングワールドチャンピオンシップ女子470級で、吉田愛選手、吉岡美帆選手が、日本の女子選手として初めての金メダルを獲得しました。

 湘南の海をホームグラウンドとして腕を磨いてきたお二人が成し遂げた快挙に、県民を代表して心からお祝い申し上げます。

 私は、前回のリオオリンピックを視察した際、現地でお二人を応援していましたが、惜しくもメダルには届きませんでした。それだけに、今回の金メダルは喜びもひとしおです。

 この金メダルは、9月に控えた江の島でのセーリングワールドカップはもとより、東京2020オリンピック競技大会に向けて、県民のセーリングへの関心を一気に高めるとともに、両大会の成功に大きく弾みをつけるものと確信しています。

 県としては、今後とも日本セーリング連盟等との連携を図りながら、ワールドカップやオリンピックの舞台である湘南の海で日本選手が活躍できるよう、しっかりと応援してまいります。

神奈川県知事 黒岩祐治

 

※セーリングワールドカップシリーズ江の島大会(吉田・吉岡選手も参加)
 ホームページはこちら

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる