Sailing!Coming!江の島ヨットマガジン【第35号】2018年10月30日発行

掲載日:2018年10月30日

東京2020オリンピック競技大会・セーリング競技の開催に向け、神奈川県の取組み状況や競技の最新情報などをお届けします。

日頃より湘南港を御利用いただき、誠にありがとうございます。

2018年10月30日に配信しましたSailing!Coming!江の島ヨットマガジン【第35号】の内容をご紹介します。

―――目次―――
1 第3回ユースオリンピック競技大会セーリング競技について
2 湘南港利用者の皆様のご意見を伺う窓口の設置について
――――――――

1 第3回ユースオリンピック競技大会セーリング競技について

平成30年10月6日から18日まで、15歳から18歳のアスリートが出場する第3回ユースオリンピック競技大会がアルゼンチンのブエノスアイレスにて開催されました。
セーリング競技では、ウインドサーフィンの日本代表選手として、神奈川県立鎌倉高等学校の池田拓海選手が派遣され、男子のテクノ293+クラスで総合8位という結果でした。

2 湘南港利用者の皆様のご意見を伺う窓口の設置について

皆様からのご意見をお伺いするため、ヨットハウスに相談窓口を設置しております。
11月の設置日時は次の通りですので、ご意見、ご質問等ございましたらお気軽にお立ち寄りください。
<11月の設置日時>
11月3日(土曜日) 13時00分から17時00分
11月11日(日曜日) 9時00分から13時00分
11月17日(土曜日) 13時00分から17時00分
****************
○「湘南港利用者様のご意見を伺う窓口の設置について」ページ
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/i7e/cnt/f535016/p1083614.html
****************

 

メールマガジンの配信・解除に関しては、「Sailing!Coming!江の島ヨットマガジン」ページからお問合せください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa