県立三ツ池公園プールの運営休止について

掲載日:2019年6月13日
2019年06月13日
記者発表資料
(県政・神奈川建設記者会同時発表)

県立三ツ池公園プールにおいて、水道管から漏水が発生し、早期の補修が困難であることから、今シーズンのプール運営を休止します。

1 概要

県立三ツ池公園プールは、昭和36(1961)年に整備したプールで、毎年7月第二土曜日から8月31日まで運営しており、たくさんの方に利用されている施設です。

今シーズンの運営準備を行っていたところ、プールに水道水を供給する管より漏水が発生していることが5月中旬に判明しました。

そこで、県及び公園を管理する指定管理者の三ツ池公園パートナーズ(グループ代表:横浜緑地株式会社)では、緊急調査を行い、漏水箇所の特定と補修を試みましたが、すべての漏水箇所の特定に至らず、早期の補修が困難となりましたので、今シーズンの運営を休止することとしました。

2 原因

水道施設の老朽化による損傷だと思われます。

指定管理者の計測によると、漏水発生時の漏水量は1分間で約100リットル以上という状況が判明し、現在は、仕切弁を閉栓し、漏水を止めています。

3 今後の対応

今シーズンのプール運営休止について、県及び指定管理者は、三ツ池公園ホームページや園内掲示物による公園利用者への案内のほか、近隣の小中学校や幼稚園・保育園、自治会等の関係機関にも個別に周知してまいります。

来年度の利用再開に向け、取り組んでまいります。

 

参考資料

県立三ツ池公園及びプール施設の概要(PDF:366KB)

 

問合せ先

神奈川県県土整備局横浜川崎治水事務所

工務部長 大曽根 電話045-411-2513

公園課長 古河 電話045-411-2567

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。