県立三ツ池公園における駐車場料金の誤徴収について

掲載日:2019年5月22日
2019年05月22日
記者発表資料
(県政・神奈川建設記者会クラブ同時発表)

県立三ツ池公園において、駐車場の管理運営を行っている指定管理者が、令和元年5月21日に駐車場料金の誤徴収を行ったことが明らかになりました。

1 概要

県立三ツ池公園では、駐車場の料金を、料金徴収機により、大型車810円、普通車500円(通常期)を徴収しています。

5月21日に北門駐車場を利用した27台に対し大型車料金を徴収しましたが、このうち、5台の普通車利用者から「大型車の料金を徴収された」との申し出がありましたので、返金することとしました。

また、大型車料金を徴収した残り22台については、付近に管理カメラがないため確認できませんが、普通車利用者から大型車料金を誤徴収した可能性があります。

2 原因

当日の風雨の影響等により、料金徴収機の車両を判別するセンサーに不具合が生じ、普通車を大型車と誤認識してしまったと思われます。

3 指定管理者の対応

指定管理者の「三ツ池公園パートナーズ(代表企業:横浜緑地株式会社)」は、誤徴収発生当日の19時までにセンサーの不具合を解消するとともに、今後、申し出があった普通車利用者に対して返金を行うこととしています。

4 今後の対応

指定管理者は、公園ホームページ及び園内掲示物により、誤徴収による返金を行うことを周知するとともに、機器類等駐車場施設の管理点検を徹底し、再発防止を図ってまいります。

併せて、県立三ツ池公園を所管する横浜川崎治水事務所は、指定管理者に対し、再発防止の徹底を指導してまいります。

 

参考資料

県立三ツ池公園駐車場の概要(PDF:446KB)

問合せ先

【県立三ツ池公園の指定管理に関すること】

神奈川県県土整備局横浜川崎治水事務所

工務部長

大曽根
電話 045-411-2513

 

公園課長

古河

電話 045-411-2567

 

【誤徴収・駐車料金の返金等に関すること】

指定管理者(三ツ池公園パートナーズ)

三ツ池公園管理事務所所長 籔内(やぶうち)

電話 045-581-0287

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。