大岡川に新しく浮桟橋を備えた親水施設「横浜日ノ出桟橋」の完成について

掲載日:2018年6月5日
県では、大岡川を生かしてまちの魅力を高めるため、大岡川河川再生計画を策定し、その計画に基づき、大岡川において親水施設の整備を行っています。
このたび、大岡川長者橋上流左岸において、京急線日ノ出町駅前の市街地再開発事業と連携して整備が進められてきた親水施設「横浜日ノ出桟橋」が完成しました。
この親水施設には、県内の河川で初めての取り組みとして、一般利用が可能な子供から大人まで安全に船舶に乗降できる浮桟橋が整備されており、水上レクリエーションの活性化やまちの賑わい創出の場、また災害時の防災拠点としての活用が期待される施設となっています。

施設概要

施設名称
横浜日ノ出桟橋(※)
※施設名称は、平成27年1月から2月にかけて一般公募を行い、大岡川親水施設名称選考委員会の審査を経て決定しました。
横浜日ノ出桟橋位置図等 [PDFファイル/255KB]
親水護岸
延長約43メートル
面積約155平方メートル(親水広場部分約81平方メートル)
浮桟橋
長さ8.5メートル
幅2.8メートル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa