がけ崩れ対策工事を進めています

掲載日:2019年3月28日

ハード対策について

「急傾斜地法とは」

斜面は土地所有者が保全すべきものですが、防災工事には、かなりの経済的な負担を伴うために、人命尊重という観点から、昭和44年に「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律、通称、急傾斜地法」が制定され、一定基準を満たす場合、急傾斜地崩壊危険区域を指定して、県が土地所有者に代わり急傾斜地崩壊防止工事を行う事が可能となった。

はじめに

急傾斜地とは

急傾斜地の保全について

急傾斜地崩壊危険区域について

指定基準と範囲

指定までの流れ

指定されると

横浜市内の急傾斜地

急傾斜地崩壊対策工事について

実施するための条件

実施までの流れ

施設の種類

施設完成後の維持管理

その他

急傾斜地事業に関わるパンフレットのダウンロード[PDFファイル/4.29MB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa