横浜川崎治水事務所のホームページ

掲載日:2018年6月5日

横浜川崎治水事務所へようこそ

当事務所は、横浜市内の河川等を所管しています。

横浜川崎治水事務所は横浜市内の河川、急傾斜地、県立都市公園等を所管する神奈川県県土整備局の出先事務所です。

河川は6水系26河川、急傾斜地崩壊危険区域は約700区域(平成29年1月現在)、3箇所の都市公園と1園地等を所管しています。

また、これらの施設にかかる工事発注や契約、関連法令の許認可業務も行っています。

 

 

 

川崎市内は「川崎治水センター」が所管しています

本所川崎C[

「川崎治水センター」のホームページへはこちらをクリックしてください

事業の案内、施設紹介

1 河川第一課・河川第二課・許認可指導課

河川の安全河川とのふれあい不法係留船

     

 

2 急傾斜地第一課・急傾斜地第二課

がけ崩れ土砂災害土砂災害特別警戒区域の指定のための調査状況はこちら

3 公園課

公園

4 防災情報 

河川防災土砂災害情報

5 許認可指導課 6 工事契約課

許認可工事契約

7 庁舎へのアクセス 

事務所へのアクセスはこちらをクリックしてください

↓ 

庁舎

 

 

8 事務所キャラクター「ちすいちゃん」について

事務所の名称にある「水」をイメージさせるキャラクターとして、水辺に生息し、縁起のよい生物である亀をモチーフに作成したものです。背中の甲羅は、がけ崩れを未然に防ぐのり枠を表したもので、この甲羅で、人々の安全で快適な生活環境を守る、「守り神」ならぬ「守りガメ」としての意味合いも持たせています。また、前足の魚は、川の治水機能を確保するのみならず、魚をはじめとする多くの生物が生息できる豊かな自然環境を保全していく想いも込めています。

ちすいちゃん

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019