基金を活用した雇用創出:神奈川県

掲載日:2018年3月30日

基金事業の概要

神奈川県では、国からの交付金を元に以下の基金を設置し、これを活用して雇用・就業機会の創出を目的とした各種事業を実施しています。

緊急雇用創出事業臨時特例基金(緊急雇用基金)

求職者の臨時的な雇用機会の創出や人材育成並びに在職者の処遇改善を目的とした事業を実施するための基金です。

基金制度の概要については、国のホームページをご覧ください。

ふるさと雇用再生特別基金(ふるさと基金)

地域の雇用再生のため、安定的かつ継続的な雇用機会の創出を目的とした事業を実施するための基金です。

基金制度の概要については、国のホームページをご覧ください。

(注) 平成24年9月末で終了しました。

基金事業の実施状況

平成26年度までに事業完了した基金[Wordファイル/27KB]

平成27年度において事業継続中の基金[Wordファイル/23KB]


基金を活用した事業の実施

平成27年度緊急雇用基金事業(神奈川県実施分)

平成27年度緊急雇用基金事業(市町村実施分)

平成26年度緊急雇用基金事業(神奈川県実施分)

平成26年度緊急雇用基金事業(市町村実施分)

平成25年度緊急雇用基金事業(神奈川県実施分)

平成25年度緊急雇用基金事業(市町村実施分)

横浜市

川崎市 相模原市
横須賀三浦地区(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)
県央地区(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村)
湘南地区(平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町)
県西地区(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)

(注) 市町村実施分は公表事項の照会後、順次掲載予定。


 

基金事業の実績

ふるさと雇用再生特別基金事業及び緊急雇用創出事業臨時特例基金事業の実績は次のとおりです。

平成21年度から平成25年度の事業実績[PDFファイル/61KB]このページの先頭へもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。