児童の権利に関する条約の主な内容

掲載日:2018年3月26日

この条約は、平成元年(1989)に国際連合の第44回総会で採択し、日本では、平成6年(1994)に条約を批准しました。

主な内容は次のとおりです。


  • 前文
    • すべての国のすべての子どもが人としての権利と自由を持つために
  • 第1条
    • 18歳までのすべての子どもが対象
  • 第2条
    • 子どもが人種・性別・宗教・財産・障害などで差別されないように
  • 第3条
    • 子どもにとって何が最も大切(子どもの最善の利益)か
  • 第4・5条
    • 子どもの権利を実現させるための親や国の責任
  • 第6条
    • 子どもが生きるうえで一番大切な生命
  • 第7・8条
    • 私が誰であるか。名前と国籍を持ち、守られる権利
  • 第9条
    • 子どもが親と一緒にいる権利
  • 第10・11条
    • 子どもが親とやむを得ず離れて暮らしても親と会う権利
  • 第12条
    • 子どもが自分の意見を言う権利(意見表明権)
  • 第13~16条
    • 表現・思想・宗教・プライバシー等の保護
  • 第17条
    • 子どもが知りたい情報の提供
  • 第18条
    • 子育ては両親の責任
  • 第19条
    • 虐待・放任からの保護
  • 第20~22条
    • 子どもの保護・養子縁組
  • 第23条
    • 障害のある子どもの権利
  • 第24条
    • 子どもが健康に生きる権利
  • 第25・26条
    • 病院や施設を利用した子どもの保護と社会保障
  • 第27条
    • 子どもが人間らしく生活するための権利
  • 第28・29条
    • 子どもが平等に教育を受ける権利と教育の目的
  • 第30~35条
    • 自己の文化を尊重する権利・遊ぶ権利・就労・麻薬・性的被害等からの保護
  • 第36条
    • 子どもがおとなに利用されないために
  • 第37条
    • 子どもの自由が奪われた時の適正な扱い
  • 第38・39条
    • 子どもが戦争から守られる権利
  • 第40条
    • 子どもが罪を問われた時
  • 第41条
    • 条約と法律との関係
  • 第42条
    • 国の条約広報の義務
  • 第43条
    • 子どもの権利を守るために
  • 第44~54条
    • 条約の国等の手続きについて

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019