水源地域の活性化等に向けた取組について

掲載日:2021年9月7日

水源地域の活性化等に向けた取組について

県と水源地域市町村は、「やまなみ五湖ネットワーク整備基本計画」(平成元年度策定)から始まり、「水源地域交流の里づくり計画」(平成13年度策定)、「改訂水源地域交流の里づくり計画」(平成17年度策定)、「やまなみ五湖水源地域交流の里づくり計画」(平成22年度策定)、「やまなみ五湖水源地域交流の里づくり計画(平成28年度から平成32年度)」(平成27年度策定)、「かながわ水源地域活性化計画」(令和2年度策定)に至る一連の計画により水源地域の活性化及び水源環境の理解促進を目指して、相模湖、津久井湖、奥相模湖、丹沢湖、宮ヶ瀬湖の5つのダム湖エリアを対象に、約20年間にわたり、水源地域と都市地域との交流を柱とした施策を展開しています。

 

「かながわ水源地域活性化計画」について

平成27年度に策定した「やまなみ五湖水源地域交流の里づくり計画(平成28年度から平成32年度)」が令和2年度で5年間の年限を迎えることから、計画に基づくこれまでの取組を検証し、新たに「かながわ水源地域活性化計画~やまなみ五湖の豊かな地域づくりに向けて~」を策定しました。

本計画では、水源地域の活性化と水源環境の理解促進に向けて、これまでの「やまなみ五湖水源地域交流の里づくり計画(平成28年度~平成32年度)」による取組を踏まえつつ、新たな取組として「『連携・協働』を支援する体制の整備」や「エリアごとの『魅力』を生かした事業の支援」へ取り組むこととしています。

 

「かながわ水源地域活性化計画」に係る取組の効果検証について

かながわ水源地域活性化計画フォローアップ会議の設置

「かながわ水源地域活性化計画」の計画期間中(令和3年度~令和7年度)における同計画による各施策に対して方向性や課題等の議論を行うため、かながわ水源地域活性化計画フォローアップ会議を設置します。

 

「かながわ水源地域活性化計画」の策定までについて

次期水源地域交流の里づくり計画検討委員会の設置

令和2年度に、有識者等による「次期水源地域交流の里づくり計画検討委員会(令和2年度)」を設置し、これまで取組の検証及び、次期計画の策定に向けた意見等を聴取しました。

県民意見募集の実施

次期水源地域交流の里づくり計画検討委員会での検討を踏まえ、「(仮称)かながわ水源地域活性化計画(素案)~『やまなみ五湖』の豊かな地域づくりに向けて~」を取りまとめ、令和2年12月15日から令和3年1月18日まで、県民意見募集(パブリック・コメント)を実施しました。

 

(参考)前回計画

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。