「「e-かなネットアンケート」メールマガジン(e-かな通信)について」の集計結果

掲載日:2018年3月30日

e-かなネットアンケートの集計結果をお知らせします。

本アンケートは、「e-かなネットアンケート」のメールマガジン(e-かな通信)を、より良いものにし、 「e-かなネットアンケート」に、多くの皆様にご参加いただけることを目指し、今後の参考とするために実施しました。

e-かなネットアンケートメルマガ会員新規登録はこちら↓

メルマガ会員新規登録フォーム

 

調査の概要

 
調査対象 インターネット利用者
調査期間 平成30年2月13日(火曜日)から平成30年3月13日(火曜日)
回収状況 47人

調査の項目

「e-かなネットアンケート」のメールマガジン(e-かな通信)の活用状況及び配信頻度等について

調査結果

Q1 メールマガジン『e-かな通信』を読んでいますか。(n=47)

 
読んでいる→Q2へ 棒グラフ(43件 91.5%)
メルマガ会員であるが読んでいない 棒グラフ(3件 6.4%)
メルマガ会員ではない→Q5へ 棒グラフ(1件 2.1%)

Q2 【Q1で「読んでいる」とお答えの方にお伺いします。】『e-かな通信』は何で読んでいますか。(n=43)

 
パソコン 棒グラフ(36件 83.7%)
スマートフォン 棒グラフ(6件 14%)
フィーチャーフォン 棒グラフ(0件 0%)
タブレット 棒グラフ(1件 2.3%)
その他 棒グラフ(0件 0%)

Q3 【Q1で「読んでいる」とお答えの方にお伺いします。】『e-かな通信』を読んで、e-かなネットアンケートに回答したことがありますか。(n=43)

 
はい 棒グラフ(43件 100%)
いいえ 棒グラフ(0件 0%)
わからない、忘れた 棒グラフ(0件 0%)

Q4 【Q1で「読んでいる」とお答えの方にお伺いします。】『e-かな通信』を読んで、e-かなネットアンケート実施結果公表ページや県のホームページなど、『e-かな通信』内のリンクをクリックまたはタップしたことがありますか。クリックまたはタップしたことのあるものをお答えください。(複数回答可)(n=43)

 
e-かなネットアンケートトップページ(http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8201/) 棒グラフ(35件 81.4%)
e-かなネットアンケート実施結果の公表ページ(http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8201/p128524.html) 棒グラフ(14件 32.6%)
神奈川県のホームページ(http://www.pref.kanagawa.jp/) 棒グラフ(19件 44.2%)
対話の広場のお知らせ 棒グラフ(5件 11.6%)
対話の広場のTwitter 棒グラフ(0件 0%)
かながわキンタロウFacebook 棒グラフ(5件 11.6%)
e-かな通信内のリンクをクリックまたはタップしたことはない 棒グラフ(2件 4.7%)
その他 棒グラフ(0件 0%)

Q5 現在、『e-かな通信』は原則として毎週配信していますが、配信頻度はどれくらいがちょうど良いと思いますか。(n=47)

 
毎週 棒グラフ(11件 23.4%)
隔週 棒グラフ(5件 10.6%)
新たに始まったアンケートがある週のみ 棒グラフ(23件 48.9%)
新たに始まったアンケートまたは実施結果を公表したアンケートがある週のみ 棒グラフ(7件 14.9%)
その他 棒グラフ(1件 2.1%)

Q7 あなたの年齢(年代)をお聞かせください。(n=47)

 
20歳未満 棒グラフ(0件 0%)
20歳代 棒グラフ(0件 0%)
30歳代 棒グラフ(10件 21.3%)
40歳代 棒グラフ(11件 23.4%)
50歳代 棒グラフ(10件 21.3%)
60歳代 棒グラフ(9件 19.1%)
70歳以上 棒グラフ(7件 14.9%)

Q8 あなたのお住まいの地域をお聞かせください。(n=47)

 
横浜地域(横浜市) 棒グラフ(30件 63.8%)
川崎地域(川崎市) 棒グラフ(4件 8.5%)
相模原地域(相模原市) 棒グラフ(4件 8.5%)
横須賀三浦地域(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町) 棒グラフ(3件 6.4%)
県央地域(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村) 棒グラフ(2件 4.3%)
湘南地域(平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町) 棒グラフ(1件 2.1%)
県西地域(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町 棒グラフ(2件 4.3%)
神奈川県外 棒グラフ(1件 2.1%)

Q9  【任意】「e-かな通信」へのご意見・ご感想がありましたら記載してください。(n=47)

広聴の手段として、もっと利用されるため、参加者を増やす必要がある。

今のところ特にない

自分がどのアンケートへ答えたか忘れてしまいます。回答済みかどうかわかる仕組みがあると嬉しいです。

以上、3件のご意見をいただきました。

関連リンク