平成28年度提案実績

掲載日:2018年3月29日

1 受理通数

平成28年度受理通数

平成28年度の「受理通数」は2,325通で、前年度の2,414通に比べ89通の減少となりました。

平成28年度受理通数一覧 [Excelファイル/12KB]

過去5年間の受理通数の推移

過去5年間の受理通数の推移グラフ

2 受理経路

平成28年度受理経路

平成28年度の2,325通の「受理通数」を「受理経路」別に見ると、ファームメール等(インターネットを利用して寄せられた提案・意見)が1,274通で、全体の54.8%を占めています。次いで、専用封筒等(郵便により寄せられた提案・意見)が976通で42.0%となっています。ファクスは75通で3.2%となっています。

平成28年度受理経路一覧 [Excelファイル/11KB]

過去5年間の受理経路の推移

過去5年間の受理経路の推移グラフ

このページの先頭へ戻る

3 年代別内訳

平成28年度年代別内訳

40歳代が32.3%と最も多く、次いで50歳代が21.8%、60歳代が17.1%、30歳代が13.6%の順となっています。40歳代と50歳代で全体の約50%を占めています。

平成28年度年代別内訳のグラフ

(注)提案のうち、年代を記載された、730名を対象とした。

過去5年間の年代別内訳の推移

過去5年間の年代別内訳の推移のグラフ

4 処理方法別内訳

平成28年度処理方法別内訳一覧 [Excelファイル/13KB]

5 提案内容の内訳

 提案内容の内訳をみると、行政一般32.4%、教育17.0%、社会福祉14.6%、交通・運輸7.9%の順となっています。
 なお、行政一般とは、県政一般、公有財産、税制などに関することです。

提案内容の内訳のグラフ

6 提案の多かった項目について

1,681件の提案のうち、多数の提案・意見があった項目は次のとおりです。(上位3件)

第1位 外国人学校に通う生徒への学費補助について (130件)

第2位 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会について(55件)

第3位 津久井やまゆり園で発生した事件について (54件)

<参考> 平成27年度の提案上位項目

 第1位 外国人学校に通う生徒への学費補助などについて(180件)

 第2位 受動喫煙防止対策について(13件)

 第3位 箱根・大涌谷について(10件)

 

このページの先頭へ戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa