個人情報取扱業務登録制度の廃止及び今後の取組方針について

掲載日:2018年2月25日

「個人情報を取り扱う事業者の登録制度の廃止及び今後の取組方針」の公表

平成26年3月に神奈川県個人情報保護条例が改正され、本年10月1日をもって個人情報取扱業務登録制度(通称:PDマーク制度)が廃止となりました。

県では、平成2年に神奈川県個人情報保護条例に基づき、個人情報を取り扱う事業者の登録制度を創設し、これまで運用してきました。
この制度は、事業者が取り扱う個人情報の利用目的などを県に登録し、県民の皆様に明らかにすることによって、事業者の個人情報の適切な取扱いを促すことを目的としており、県に登録した事業者に対しては、個人情報取扱業務登録済証等を交付するものです。

しかし、その後、個人情報保護法の施行(平成17年)や、第三者認証制度であるプライバシーマーク制度の普及など、制度を取り巻く状況に大きな変化が生じてきたことから、神奈川県情報公開・個人情報保護審議会に制度の見直しについて諮問し、平成25年11月14日付けで報告書(答申)が提出されました。

報告書の内容を踏まえ、県として、「個人情報を取り扱う事業者の登録制度の廃止及び今後の取組方針」を取りまとめましたので、公表します。

制度廃止周知リーフレット

制度廃止リーフレット

本登録制度を廃止するため、平成26年3月に神奈川県個人情報保護条例が改正・公布され、平成26年10月1日から施行されています。現在県では、本登録制度廃止の周知や個人情報取扱業務登録済証の回収等を行っています。 

リーフレット「PDマーク制度が平成26年10月1日で廃止となります」[PDFファイル/742KB]

 

 

 

 

 

個人情報取扱業務登録済証等の回収について

登録済証回収のお知らせ

県では、登録事業者の皆様に登録の際に交付しました、個人情報取扱業務登録済証等の回収を行っております。
御協力くださいますようお願いいたします。

個人情報取扱業務登録済証等の回収方法は、返却若しくは廃棄のいずれかとなります。
個人情報取扱業務登録済証等の回収等に関するお知らせ及び回収方法の詳細については、こちらをご覧ください。

個人情報取扱業務登録済証等の回収について[PDFファイル/85KB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa