相談事例 - 従業員紹介用に撮影した写真が、退職後もホームページなどに掲載されているのは個人情報保護法違反ではないのでしょうか?

掲載日:2018年2月25日

相談内容

以前の勤務先で、従業員紹介用に写真を撮影し、肩書きや氏名と併せて企業のホームページやパンフレットなどに掲載されました。企業を退職した後も掲載され続けているのですが、個人情報保護法違反ではないのでしょうか?

回答

個人情報取扱事業者は、個人情報をあらかじめ特定した利用目的の達成に必要な範囲で利用することが必要です(法16条)。
勤務していたときに従業員紹介用に撮影した写真であれば、従業員でなくなった後も掲載し続けることは、当初の利用目的の範囲を超えた利用である場合も考えられます。
そのように考えられる場合は、法16条違反を根拠に、利用停止請求(法30条)を求めることができます。

ただし、撮影の際に、利用目的や利用期間について明確な説明があり、説明に同意して撮影された場合には、写真はその内容に従って取り扱われることになります。

県民・事業者向けQ&Aに戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa