相談事例 - 病院や診療所は、生徒のけがの状態などを付き添ってきた先生に対し説明してはいけないのでしょうか?

掲載日:2018年2月25日

相談内容

病院や診療所は、生徒のけがの状態などを、付き添って来た担任の先生に対し説明してはいけないのでしょうか?

回答

生徒が付き添ってきた先生の同席を拒まないのであれば、同席させて説明を行うことができます。

家族等への病状説明については、「病態等について、本人と家族等に同時に説明を行う場合には、明示的に本人の同意を得なくても、その本人と同時に説明を受ける家族等に対する診療情報の提供について、本人の同意を得られたものと考えられる」ので、この考え方と同様に、生徒が付き添ってきた先生の同席を拒まないのであれば、生徒本人と担任の先生を同席させてけがの状態や治療の進め方等について説明を行うことができると考えます。

同席して説明を受けなかった場合に、後から担任の先生が医療機関に問い合わせるときは、本人の同意がなければ回答できません。

ただし、けがの原因となった事故の再発防止などに有効であり、学校側に必要な情報を伝えておくべきと医師が判断できる場合は、「人の生命、身体の保護に必要な場合」に該当し、仮に当該生徒本人の同意が得られないときであっても、必要な範囲で担任の先生に情報提供できると考えます。

医療・介護分野ガイドラインQ&Aより作成>

県民・事業者向けQ&Aに戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa