平成30年度県民ニーズ調査結果(課題調査)(速報)

掲載日:2018年12月25日

調査の目的

 神奈川県では、県民の意識・価値観などの変化や多様化する生活ニーズを把握し、その結果を施策に反映するため、毎年度「県民ニーズ調査」として、県政全般についての「基本調査」と、特定のテーマについての「課題調査」を実施しています。
今回は、10月に実施した「課題調査」の結果をお知らせします。

調査の内容

 1 食・食育

 2 食の安全・安心

 3 スポーツ

 4 東京2020大会の機運醸成に向けた取組

 5 ともに生きる社会かながわ

 6 子ども・子育て支援

 7 教育

 8 「未病改善」の取組

 9 ヘルスケアICTの取組

 10 肝炎対策

 11 アルコール依存症に対する意識

 12 生物多様性

 13 神奈川県の農林水産業

 14 環境に配慮した生活

 15 住宅の省エネルギー化

 16 将来の住まい

 17 人権問題

 18 消防団の認知度

 19 自転車損害賠償保険への加入

 20 地震対策の取組

 21 治安対策

調査の概要

調査地域 神奈川県全域
調査対象 県内在住の満18歳以上の方3,000人
抽出方法

住民基本台帳からの層化二段無作為抽出

調査方法

(1)郵送による調査票の配布

(2)郵送回答とインターネット回答の併用

調査期間

平成30年10月5日(金曜)~10月29日(月曜)

回収結果

(1)有効回答数 1,250件(郵送回答:1,103件、インターネット回答:147件)

(2)有効回答率 41.7%

調査委託機関

株式会社 綜研情報工芸

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa