神奈川県立公文書館に係るネーミングライツパートナーを募集しています!

掲載日:2019年10月17日
神奈川県では、厳しい財政状況のもと、より一層の施設利用者へのサービス向上を図るためネーミングライツパートナー制度を導入しました。当制度では、ネーミングライツパートナー料の一定割合を、その施設の整備等、県民サービス向上のための取組みに充てることにより、命名権者(ネーミングライツパートナー)がより良い施設づくりに参加・貢献していることを明確にします。
このたび、神奈川県立公文書館において、歴史的公文書を展示する展示室や3つの会議室に係るネーミングライツパートナーを募集しますので、ぜひご応募ください。

募集対象

募集対象は、施設全体ではなく、神奈川県立公文書館内の展示室・大会議室・中会議室・小会議室を対象としています。

外観部屋

予定価格・募集期間

 施設  予定価格(年額)  募集期間

 神奈川県立公文書館

  展示室・大会議室

  中会議室・小会議室

 10万円以上

 (契約額は消費税及び地方消費税を加えた額になります)

 令和元年10月17日から

 令和2年1月16日まで

応募要件

「神奈川県立公文書館ネーミングライツパートナー募集要項」をご確認ください。

募集要項等について

各項目を、クリックすると、内容をご覧いただけます。

 掲載日  内容
 令和元年10月17日  神奈川県立公文書館ネーミングライツパートナー募集要項(PDF:487KB)
 令和元年10月17日  施設特定型ネーミングライツパートナー申込書(Word:35KB)
 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa