神奈川県流域下水道事業における共同研究について

掲載日:2021年9月28日

1 共同研究について

本県では、流域下水道が抱える様々な課題を実地に検討するとともに、下水道関連の技術開発を促進するため、共同研究制度を設けています。

2 共同研究のパターン

民間企業等が提案する技術開発に対して、本県が研究の場と汚水、汚泥等の研究材料を提供して行う共同研究です。研究費用は提案者が負担します。

3 共同研究の終了について

神奈川県流域下水道での「環境配慮型創エネ焼却システムに関する共同研究」が終了しました。※1(PDF:380KB)

「環境配慮型創エネ焼却システムに関する共同研究」の概要(パンフレット版)※1(PDF:725KB)

※1:共同研究で使用した一部機器の名称を変更しました。(令和3年9月)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa