令和元年度生涯学習指導者研修「学校と地域との協働推進コース」

掲載日:2019年6月21日

目的

「地域とともにある学校づくり」の推進に向け、学校と地域が一体となって子どもたちを育むために必要な役割やよりよい協働のあり方について理解を深めるとともに、参加者同士のネットワークづくりの一助とする。

日時・会場

【第1回】令和元年7月23日(火曜日) 13時15分~16時45分 <定員100名>

 かながわ県民センター2階 ホール 

 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

 

【第2回】令和元年7月29日(月曜日) 13時15分~16時45分 <定員100名>

 かながわ県民センター2階 ホール

 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

 

【第3回】令和元年8月5日(月曜日) 13時15分~16時45分 <定員80名>

 かながわ県民センター 301

 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

 

【第4回】令和元年8月8日(木曜日) 13時15分~16時45分  <定員80名>

 厚木合同庁舎2号館 4階AB会議室

 〒243-0004 厚木市水引2-3-1

 

【第5回】令和元年8月19日(月曜日) 13時15分~16時45分  <定員60名>

 逗子市役所本庁5階 第1第2会議室

 〒249-8686 逗子市逗子5-2-16

 

対象者

(1)学校運営評議会委員、学校評議員、コミュニティ・スクール関係者

(2)地域学校協働活動推進員(コーディネーター)学校支援に関わるボランティア、

    放課後子ども教室等関係者

(3)県立学校及び公立小・中学校の教職員*

(4)社会教育主事及び地域連携担当職員、指導主事等*

(5)その他 (PTA関係者、社会教育主事有資格者、公民館等関係者、学校と地域との協働推進に

        関心のある方)

 *政令市・中核市を除く

 

内容

 ・学校と地域との協働に関する基本的な考え方について学び、先進的な事例から連携に必要な視点

      や活動のしかたについて考える。

 ・地域の特性や実情に応じた事例を聞き、学校と地域との協働に取組むための課題をつかみ、連携

      していくための具体的な解決方法を探る。

 

参加者全員に「地域学校協働ボランティアハンドブック」をプレゼント

 

その他

 ・令和元年7月16日(火曜日)まで受け付けます。

 ・参加者多数の場合は、ご参加いただけない場合に限って、ご連絡をさせていただきます。

 ・申込み時は、必ず連絡先(電話、ファクシミリ、電子メールのうち1つ)をお知らせください。

 ・個人情報は、本研修会に係る連絡以外の目的で使用することはありません。

 




Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa