災害時に食事の配慮が必要な方に向けたリーフレットについて

掲載日:2018年5月11日

災害時に食事の配慮が必要な方とは、乳幼児、飲み込み等の難しい方、食物アレルギーの方、食事療法をしている

方等です。災害時、手に入る食品は、パンやおにぎり、カップ麺が中心で、特殊な食品(粉ミルク、離乳食、治療用

食品等)の入手は難しかったと、東日本大震災等の被災地では聞かれました。

そこで普段から、ご自分が食べられる物、食べたい物を備蓄することがとても大切になってきます!

災害時に食事の配慮が必要な方向けのリーフレット

こちらは足柄上地域食生活対策推進協議会で、平成26年3月に作成したリーフレットです。

是非、一般の方も、病気等で特殊な食品が必要な方がいることをご理解いただき、

このリーフレットを活用して、皆様で災害対策への意識を高めていきましょう!!

1ページ目 2ページ目

災害災害2

3ページ目 4ページ目

災害3災害4

災害時に食事の配慮が必要な方に向けたリーフレット[PDFファイル/536KB]

このページに関するお問い合わせ先

神奈川県小田原保健福祉事務所足柄上センター

保健福祉課 栄養士

電話 0465-83-5111(内466)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa