ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 県土・まちづくり > 道路・交通 > 『かなライド@みうら』毎日運行中!

初期公開日:2024年4月5日更新日:2024年5月17日

ここから本文です。

『かなライド@みうら』毎日運行中!

夜間にタクシーが不足している三浦市域において、神奈川版ライドシェア「かなライド@みうら」の実証実験が始まりました!

raidosyea1

目次

かなライド@みうらを利用する際のポイント

かなライドとは

かなライド@みうら実証実験の概要

おすすめ関連動画

かなライド@みうらを利用する際のポイント
(タクシーアプリ『GO』の使い方)

神奈川版ライドシェア「かなライド@みうら」の利用には、タクシーアプリ『GO』が必要です。

その際、3つのポイントを確実に行いましょう!

裏面

PDF版はこちら

より詳しく利用方法が知りたい方は、次の動画をご覧ください!

「かなライド@みうら」に乗ってみよう 利用方法Ver.

利用方法
画像をクリックして動画を再生する(別ウィンドウで開きます)

かなライドとは

県では、三浦市の夜間のタクシー不足に対応するため、タクシー会社と連携し、地域や時間帯を限定したうえで、一般ドライバーが自家用車を使用して有償で利用者を運ぶ「神奈川版ライドシェア」の検討を進めてきました。

実施主体の三浦市やタクシー会社等と具体の検討を重ね、運行管理や車両の整備管理の方法が決まるなど準備が整ったことから、令和6年4月17日から運行することなりました。

この間、曜日を問わず19時から25時まで運行しています。タクシーアプリ『GO』で誰でも乗車することができますので、ぜひ「かなライド@みうら」をご利用ください。

➤神奈川版ライドシェアの検討状況については、こちらをご覧ください

かなライドの特徴

安全・安心

  • 安全運行に関するノウハウを持つタクシー会社が、ドライバーの教育や運行管理などを実施
  • タクシー会社がリアルタイムで状況確認を行えるドライブレコーダーや車内カメラなどを、車両に設置
  • 料金は、タクシーと同額で事前に確定し、キャッシュレス決済

簡単・便利

  • 配車から料金の支払いまでをタクシーアプリ『GO』で完結

かなライドのロゴ

これまで、「神奈川版ライドシェア」として検討を進めてきましたが、三浦市域での運行開始に合わせて、より多くの皆さんに知っていただき、親しみを持ってもらうため愛称を「かなライド」としました。

神奈川の「かな」とライドシェアの「ライド」を合わせ、シンプル、かつ、覚えやすいものとしましたので、今後はぜひ「かなライド」と呼んでさい。

かなライド@みうらロゴマーク

ロゴは、三浦市域での夜間の運行に合わせ、黄色いアンダーラインで夜間のライトをイメージし、時計のモチーフを入れ運行時間の19時~25時を表現するほか、今回の舞台を示すため「@みうら」と明記しました。

このロゴを、ライドシェアの運行車両に貼り付け、車両の到着が一目で分かるようにするなど活用していきます。

かなライド@みうら実証実験の概要

項目 内容
実施主体 三浦市
協力事業者 有限会社いづみタクシー、京急三崎タクシー株式会社
実施期間 令和6年4月17日(水曜日)~12月16日(月曜日)の8か月
出発地、時間帯 三浦市内(到着地は制限しない)、19時から25時
利用者 制限なし(『GO』アプリへの登録が必要)
ドライバー及び車両 三浦市在住者及び在勤者の自家用車
料金 タクシーと同額

かなライド@みうら広報用チラシ

omotom

PDF版はこちら

おすすめ関連動画

かなライド@みうらに乗ってみよう!フルVer.

のってみよう
画像をクリックして動画を再生する(別ウィンドウで開きます)
 

知事が解説「教えて!黒岩さん」

タクシー不足を解決!かなライド@みうら

samune
画像をクリックして動画を再生する(別ウィンドウで開きます)

gazou
画像をクリックして動画を再生する(別ウィンドウで開きます)

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は県土整備局 都市部交通政策課です。