沿線の観光案内(相模原市)

掲載日:2021年6月2日

【名所・旧跡】

【公園・施設等】はこちら

相模川新磯河川敷(芝ざくらライン)

【概要】

相模川新磯地区、相模川左岸の堤防に咲く芝ざくらは通称「芝ざくらライン」と呼ばれ、その距離は日本一の長さを誇ります。

【備考】

毎年4月には「相模川芝ざくらまつり」が開催され、多くの人々で賑わいます。

【アクセス】

相武台下駅から徒歩約15分

三段の滝展望広場

【概要】

この展望広場は、河岸段丘に残された美しい自然と地形を利用しています。またこの辺りは河原に群生するタチヤナギなどの優れた自然が残されています。

段丘の上からは相模川の眺望が開け、遠く対岸の風景を見渡せます。階段を降りると芝生広場が広がり、ゆっくりと川を見渡しながら休憩することができます。

【アクセス】

下溝駅から徒歩約3分

史跡勝坂遺跡

【概要】

勝坂遺跡周辺は起伏に富んだ自然地形に、緑豊かな斜面樹林(段丘崖)、こんこんと湧き出る泉など、縄文人が長く暮らし続けた豊かな自然環境が今なお残されています。平成21年度には「大自然の中の縄文時代」を体感できる遺跡公園として整備しました。

【アクセス】

下溝駅から徒歩約20分

神奈中バス:下溝駅下車 「下溝」バス停から台14系統・相武台下行きバスにて「上磯辺入口」または「勝坂入口」下車 徒歩約5分

横山丘陵緑地

【概要】

横山丘陵緑地は、下九沢の作の口地区の国道129号線から道保川公園に至る斜面樹林で相模原の骨格となる緑地となっています。このうち姥沢地区と日金沢上地区を自然とふれあう緑地として整備し、市民の皆さんにご利用いただいております。また緑地内には上溝・下溝地区に伝わる「てるて姫伝説」に思いをはせながら散策が楽しめる「てるて姫の里ロマン探訪の小路」が整備されています。

【アクセス】

上溝駅から徒歩約20分

照手姫伝説伝承地

【概要】

照手姫は、江戸時代に歌舞伎(かぶき)などで広く知られた(注)「小栗判官物(おぐりはんがんもの)」の主人公です。市域では横山段丘崖(だんきゅうがい)を中心に、照手姫と小栗判官にまつわる伝承が残されています。 姥沢(うばさわ)地区は照手姫誕生の伝承を現代に伝える地です。

清兵衛新田開墾記念碑

【概要】

明治45(1912)年に清兵衛新田の有志によって建設されたもので、郷土の歴史を知る上で貴重な記念碑です。

【アクセス】

南橋本駅から徒歩約14分 ※氷川神社内

橋本の棒杭(大山道道標) 

【概要】

大山道の追分(おいわけ)に立てられたものですが、区画整理により旧道を失いながらも、地域の人々によって守られてきた貴重な遺跡です。

橋本の徳本念仏塔

【概要】

徳本は、宝暦8(1758)年に紀州に生まれ、江戸時代後期に伊豆や関東の各地に念仏を広めた僧です。

徳本が近隣を訪れた際に、各村々の念仏講中(ねんぶつこうじゅう)がその特徴ある書体で書かれた名号(みょうごう)を求め、それをもとに念仏塔を建てたとされます。

史跡田名向原遺跡公園

【概要】

国指定史跡。現在のところ、我が国最古の例といわれる後期旧石器時代末(約20,000年前)の遺跡。県道をはさんだ史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館(愛称:旧石器ハテナ館)では、遺跡から出土した石器などの見学や各種体験学習を行うことができます。

【アクセス】

原当麻駅から徒歩約45分

神奈中バス:原当麻駅から当02系統・田名バスターミナル行きバスにて「田名向原遺跡」下車すぐ

相模原市役所さくら通り

【概要】

植栽整備は、戦後からまもない1952年からはじまりました。いまでは「市役所さくら通りから西門交差点まで」の約1.6キロメートルに、約300本ものソメイヨシノが植えられ、春には桜が咲き誇ります。

【備考】

JR相模原駅から徒歩15分、相模原市内でも有数の桜の名所で、「かながわの花の名所100選」にも選ばれています。並木道は、市民桜まつりのメイン会場にもなり、また、桜の開花期間には桜のライトアップも行われ、夜桜が楽しめます。

【アクセス】

JR横浜線・相模原駅から徒歩約15分

相武台下桜並木

【概要】

相武台下駅から下溝駅間の桜並木は、相模線の車窓から眺めても見事です。

【アクセス】

相武台下駅から徒歩約5分

このページの先頭に戻る

【公園・施設等】

相模の大凧センター

【概要】

相模の大凧センターは、天保年間(1830年から1844年)から行われてきたと伝えられている、「相模の大凧揚げ」文化の保存・継承を図ることを主な目的に、凧づくり等の各種創作活動の場として利用できる施設です。

【アクセス】

相武台下駅から徒歩約10分

相模原麻溝公園☆かながわの花の名所100選

【概要】

相模原麻溝公園は隣接する県立相模原公園とともに市内の代表的な公園としてみなさんに親しまれています。
また、5月頃から咲き始めるクレマチスと梅雨の季節の定番アジサイが有名で、それぞれが咲く季節にはフェアが催され、大勢の来場者で賑わいます。

【アクセス】

原当麻駅から徒歩約20分

県立相模原公園☆かながわの花の名所100選 

【概要】

県立相模原公園は、広々とした芝生広場、メタセコイア並木に囲まれたフランス風庭園、花菖蒲園、熱帯植物が鑑賞できるグリーンハウス、雑木林など、花と緑と水で構成された、潤いと癒しが得られる大らかな公園です。

【アクセス】

神奈中バス:原当麻駅から大15系統・相模大野駅北口行き、または当02系統・北里大学病院、北里大学行きバスにて「相模原公園前」下車すぐ

望地弁天キャンプ場

【概要】

相模川河川敷の市営キャンプ場です。家族・友人同士で、バーベキュー・キャンプが楽しめます。小規模のため、アットホームな雰囲気で、子どもにも目の届きやすい環境になっています。6月頃には周辺でホタルも見ることができる、自然豊かなキャンプ場です。

【備考】

キャンプ場近くの「高田橋」は「かながわの橋100選」に選ばれており、「泳げ鯉のぼり相模川」や「相模原納涼花火大会」の会場にもなります。

【アクセス】

神奈中バス:原当麻駅から当02系統・田名バスターミナル行きバスにて「望地キャンプ場入口」下車 徒歩約15分

相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

【概要】

相模川ふれあい科学館は、市民が集い、学び、遊びを通して相模川とのふれあいを深めることを目的としています。「母なる川」相模川をもっと知り、親しみをもっていただくために、多くの資料をわかりやすく展示しています。

【アクセス】

神奈中バス:橋本駅南口から橋59系統・水郷田名行きバスにて「ふれあい科学館前」下車すぐ

道保川公園

【概要】

道保川の清流と横山丘陵の自然を活かした都市緑地として整備されました。

野鳥のさえずりが絶えない緑豊かな公園で、6月には、園内の沢で蛍が鑑賞できるので、豊かな環境学習、野外教育の場として利用されます。

【アクセス】

上溝駅から徒歩約20分

横山公園

【概要】

テニスコート、野球場、国際規約を満たすコースを持つさがみはらグリーンプールと多様なスポーツ種目に対応することが出来る総合運動公園です。

地域の伝承「てるて姫」縁の横山丘陵緑地もあります。四季折々の花が植えられており、最盛期には花見を楽しむこともできます。

【アクセス】

上溝駅から徒歩約7分

上大島キャンプ場

【概要】

相模川河川敷の市営キャンプ場です。家族・友人同士で、バーベキュー・キャンプが楽しめます。キャンプ場の近くには、相模川自然の村公園があり、夏には水遊びをする子どもたちの姿でにぎわいます。

【備考】

桜の名所としても有名で、花見をしながらのバーベキューも格別。鮎釣り解禁のシーズンには絶好の釣り場としても知られています。

【アクセス】

コミュニティバス:橋本駅南口から橋30系統・相模川自然の村行きバスにて終点下車 徒歩約5分

相模川自然の村公園

【概要】

相模川上流、上大島の「相模川自然の村」の一角に、水とみどりのレクリエーションシンボルゾーンとして整備されました。

春はお花見、夏にはキャンプが楽しめます。四季の小川と日だまりの池は、小さなお子様でも安心して水遊びが楽しめる浅さです。

【アクセス】

コミュニティバス:橋本駅南口から橋30系統・相模川自然の村行きバスにて終点下車 徒歩約5分

相模川清流の里

【概要】

清流の里は、相模川の豊かな自然とふれあい、四季折々の変化を楽しみながらくつろぐことができます。また、絵画・写真などの作品を展示しているギャラリーコーナーや、相模川の景観を楽しみながら食事ができる「レストラン清流」は、宿泊以外の方にもご利用いただけます。

【アクセス】

コミュニティバス:橋本駅南口から橋30系統・相模川自然の村行きバスにて終点下車すぐ

相模原北公園

【概要】

一年を通して、四季折々の表情を見せてくれる相模原市民の憩いの場で、梅・アジサイ・花菖蒲・薔薇などが広範囲に植栽されています。

雑木林の散策路、芝生広場、多目的広場なども整備され、健康づくりの場として市民に利用されています。また、アスレチック設備は、小さな子どもや家族連れに人気です。

【アクセス】

神奈中バス:橋本駅南口から橋34系統・上溝行き、橋36系統・上大島(六地蔵経由)行き、57系統・望地キャンプ場入口行きバスにて「上中の原団地」下車 徒歩約3分

コミュニティバス:橋本駅南口から橋30系統・相模川自然の村行きバスにて「北公園・北総合体育館前」下車すぐ

LCA国際小学校北の丘センター

【概要】

LCA国際小学校北の丘センターは、市民の健康増進を図るためにプール、浴室、健康増進のための多目的ルームなどを備えた施設です。

【アクセス】

神奈中バス:橋本駅南口から橋34系統・上溝行き、橋36系統・上大島(六地蔵経由)行き、57系統・田名バスターミナル行きバスにて「上中の原団地」下車 徒歩約10分

コミュニティバス:橋本駅南口から橋30系統・相模川自然の村行きバスにて「北の丘センター」下車すぐ

さがみはらグリーンプール

【概要】

全国規模の水泳大会も開催できる本格的屋内水泳場です。初心者向けのシンクロナイズドスイミングや高飛び込みの教室も開かれており家族でも楽しんでいただけます。

その他、トレーニング室にはさまざまなトレーニングマシーンがあるほか、休憩室なども設置されています。

【アクセス】

上溝駅から徒歩約10分

小山公園ニュースポーツ広場

【概要】

全国でも数少ない、スケートボード、インラインスケート、バイスクルモトクロスなどの競技の練習コースを備えた施設です。その他にも、3on3バスケットボールエリアやストリートダンスエリアなどの団体練習に適したスペースもあります。

【アクセス】

橋本駅から徒歩約15分

このページの先頭に戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa