沿線の観光案内(海老名市)

掲載日:2021年6月2日

【名所・旧跡】

【公園・施設等】はこちら

今福薬医門公園

【概要】

この公園には、珍しい薬草や樹木、江戸時代末期に建てられた蔵と薬医門があり、緑に囲まれた静かな安らぎの場所となっています。

【アクセス】

厚木駅から徒歩約10分

史跡相模国分寺・尼寺跡

【概要】

跡地は歴史公園として整備、公開され、市民をはじめ来訪者の憩いの場となっています。

尼寺跡は、国分寺の北側約500メートルのところにあります。金堂跡周辺は地域の広場として、地元をはじめ、市民の方々に利用されています。

【アクセス】

海老名駅から徒歩約15分

秋葉山古墳群

【概要】

国指定の史跡。明治時代頃から広く知られるようになった6基の古墳による古墳群です。

【アクセス】

コミュニティバス:海老名駅西口からかしわ台駅行きバスにて「秋葉山古墳群」下車 徒歩約1分

このページの先頭に戻る


【公園・施設等】

相模大堰

【概要】

相模川の河口から約12キロメートル上流の地点にある取水堰で、1日最大取水量約62万立方メートルの水道用水を取水する施設です。付近では、雄大な相模川と丹沢の風景を見渡せます。

【アクセス】

社家駅から徒歩約10分

海老名運動公園

【概要】

総合体育館・屋内プール・陸上競技場・野球場・テニスコートがあり、「健康づくり」「体力づくり」「心身のリフレッシュ」に最適です。バーベキューができる器具の貸出(無料)もあり、広場ではポニーの引き馬や馬車を楽しむこともできます。

【アクセス】

厚木駅から徒歩約15分

海老名中央公園

【概要】

海老名中央公園は、海老名駅前の中心街の中にあります。大型商業施設「ビナウォーク」に囲まれており、公園は買い物の人などでいつも賑わっています。公園地下には駐車場(有料)があります。

【アクセス】

海老名駅から徒歩約6分

中野公園

【概要】

2013年12月にオープンした海老名市南部にある大型都市公園施設です。公園には、芝生の中を周回する遊歩道やベンチ、県内では初めての総合複合型遊具などがあります。スポーツだけでなく、散策や休憩もできる誰もが楽しめる公園です。

【アクセス】

社家駅から徒歩約20分

県立相模三川公園

【概要】

県立相模三川公園は、相模川、中津川、小鮎川の3つの川の合流点の上流につくられた河川敷の公園です。園内には、大型遊具、芝生広場、パークゴルフ場などの施設もあり、園内に流れる鳩川沿いの桜並木の眺めが見事です。

また、悠々と流れる相模川、丹沢・大山の美しい山並みも望めます。

【アクセス】

海老名駅から徒歩約20分

海老名・河畔公園☆かながわの花の名所100選

【概要】

相模川河畔の面積9.8haの公園には、川堤に沿って約170本のソメイヨシノが植えられています。穏やかな清流の向こうには、東丹沢の山々も望めます。

【アクセス】

厚木駅から徒歩約15分

えびな市民活動センター・ビナレッジ&ビナスポ

【概要】

ビナレッジは、ホール・会議室・実習室などを備え、非営利的な活動を支援するための施設です。活動の場所としてだけでなく、交流やネットワークづくりにもご利用ください。

ビナスポは、プール・多目的室・トレーニングルーム等を備え、運動機能の維持向上や健康増進のための活動と、その活動による交流から、世代を問わず誰もが楽しく過ごせることを目的としています。

【アクセス】

厚木駅から徒歩約10分 または 海老名駅から徒歩約20分

海老名駅からシャトルバス有り ※日、祝祭日は運休

柏ふれあい釣り堀

【概要】

使用しなくなった小学校の屋外プールを活用した釣り堀です。金魚・ウグイ・ヘラブナなどが放流されています。

【アクセス】

海老名駅から徒歩約30分

このページの先頭に戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa