ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 宿泊療養施設「東横INN新横浜駅前新館」入所者の無断外出について

更新日:2021年8月26日

ここから本文です。

宿泊療養施設「東横INN新横浜駅前新館」入所者の無断外出について

2021年08月26日
記者発表資料

8月25日夜、東横INN新横浜駅前新館に入所した30代の男性1名が、無断で同施設から一時外出し、近隣のコンビニエンスストア1か所に立ち寄った事実が確認されました。

経緯

8月25日
(1) 18時55分
・宿泊療養施設「新横浜国際ホテル」から搬送され、入所。
(2) 18時58分
・ホテルスタッフが客室の内線電話に連絡し、入所案内を始めたところ、入所者は暴言をはき、話を聞かずに切電。
(3) 19時00分
・入退所口から警備員の制止を振り切り外出。警備員からの通報により現場に駆け付けた県職員が入所者を追跡。
(4) 19時02分
・施設から数十メートル離れた場所で県職員が入所者に追いつき、施設に戻るように説得するも応じず、そのまま移動を続ける。
(5) 19時03分
・県職員が入所者の後を追いながら説得を続けていたところ、入所者は暴言をはき、県職員の胸ぐらをつかむなどのもみ合いになった後、再び移動を続ける。
(6) 19時04分
・途中まで後を追いかけ、施設に戻った警備員から状況を聞いたホテルスタッフが警察へ通報。
(7) 19時35分
・新横浜駅周辺のコンビニエンスストアに入店、ATMを利用。県職員は、一定の距離を保ちながら入店し、入所者の行動を監視。
・入所者は、ATMを利用中に、県職員へ両替を要請。レジで両替できないと告げると、何か購入して両替するよう要請があり、県職員は飲み物を購入して渡す。
・ATM利用後、入所者からたばこを買いたいとの発言があったため、県職員が制止すると、たばこ購入して退所時に渡してほしいとの要請があり、県職員はたばこを購入して預かる。
(8) 19時42分
・同コンビニエンスストアを退店し、県職員と一緒に施設に向かう。
(9) 19時51分
・入所者は施設の入退所口から部屋へ戻る。
(10) 20時46分~54分
・別の県職員が立寄先のコンビニエンスストアに状況を説明し、謝罪。入所者が触れた場所を消毒。

(注記)療養者は終始マスクを着用していた。

入所予定期間

令和3年8月25日から8月30日まで(8月20日陽性判明)

再発防止策

【入所者への対応(継続)】
 当該施設を含め、県内の宿泊療養施設に、以下について入所者に周知徹底するよう指示する。
 (ア)入所時に誓約書に署名したとおり、入所期間中は外出禁止であること。
 (イ)無断外出時にこの対応に伴う経費の負担や損失が生じた場合に損害賠償請求を行うこと
 (ウ)無断外出により行方不明となった場合は、警察に連絡することになること

問合せ先

健康医療局医療危機対策本部室

宿泊療養担当課長 吉田
電話045-285-0696

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。