奈良県在住の新型コロナウイルスに感染した患者の情報について

掲載日:2020年1月30日
2020年01月30日
記者発表資料

奈良県から、新型コロナウイルスに感染したバスの運転手について、次の通り情報提供がありました。

・当該患者は、1月8日(水曜日)から16日(木曜日)まで武漢市からのツアー客を、運転手としてバスに乗せた後、18日(土曜日)から22日(水曜日)まで他のツアー客を、運転手としてバスに乗せた。

・その途中の、1月20日(月曜日)に神奈川県内の宿泊施設に1泊、ツアー客とともに宿泊した。

・19時30分に宿泊施設に到着し、翌21日(水曜日)午前8時頃に出発した。当該患者によると、その間は外出していないとのこと。

・また、県内の観光地等を訪問したとの情報はない。

 

県民の皆様へ

〇県民の皆様におかれましては、咳エチケットや手洗い等、インフルエンザなどと同様の感染対策をお願いします。

〇武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に連絡をした上で速やかに医療機関を受診してください。なお、受診にあたっては、武漢市の滞在歴があることを事前に申し出てください。

問合せ先

健康医療局保健医療部部健康危機管理課

課長 森電話 045-210-4790
感染症対策グループ 橋本電話 045-210-4791