ワクチン追加接種(3回目接種)について

掲載日:2022年1月14日

このページは、追加接種(3回目)のワクチン接種についての情報をまとめています。

お知らせ

目次

  1. 国からの通知等
  2. 概要
    接種開始時期
    接種対象者
    接種会場
    接種費用
    ワクチンの種類
    国からのお知らせ(厚生労働省作成リーフレット)
  3. 接種までの流れ
  4. 交互接種について
  5. 県の大規模接種会場(3回目)
  6. よくある質問
  7. 関連リンク

1 国からの通知等

1月13日 「初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種を実施する場合の考え方について(その2)」
12月17日 「初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種を実施する場合の考え方について」
12月17日 「新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)の体制確保について(その3)」
11月17日 第9回新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保に係る自治体向け説明会資料
11月16日 「新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)の体制確保について(その2)」
9月22日 「新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)の体制確保について」

詳しくは、厚労省HP追加接種(3回目接種)についてのお知らせ「新型コロナワクチンQ&A(追加接種)」をご覧ください。

2 概要

接種開始時期

令和3年12月以降順次(市町村で調整中)

接種対象者

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下を全て満たす方全員です。

  • 2回目接種を完了した日から、原則8か月以上経過した方
  • 18歳以上の方
  • 日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種(※)が完了している方

※次の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。

  1. 海外で2回接種した方
  2. 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  3. 在日米軍従業員接種で2回接種した方
  4. 製薬メーカーの治験等で2回接種した方

※接種券は住民票のある市町村から、各個人へ送付されます。

接種間隔の例外的措置(前倒し接種)について

原則として初回接種(1・2回目接種)完了から8か月以上経過後から追加接種可能ですが、12月17日付厚生労働省事務連絡「初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種を実施する場合の考え方について」において、次の通り前倒し接種の考え方が示されました。

医療従事者等
高齢者施設等の入所者及び従事者
通所サービス事業所の利用者及び従事者
病院及び有床診療所の入院患者

初回接種(1・2回目接種)から6か月経過後
上記以外の高齢者 令和4年2月以降初回接種から7か月経過後

県では、国の考え方を前提としつつ、前倒し接種にかかる県基本方針を定め、そのなかで、重症化リスクやクラスター発生阻止の観点から、接種対象の優先順位を次の通り整理し、県内市町村にお知らせしています。

  1. 特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設の入所者および従業員、医療従事者
  2. その他高齢者施設入所者及び従事者
  3. 通所サービス事業所の利用者及び従事者
  4. 病院または有床診療所の入院患者

※優先順位1→2→3→4

接種間隔の更なる前倒しについて

12月17日付厚生労働省事務連絡において、医療従事者等及び高齢者施設等の入所者等に係る前倒し接種の考え方が示されましたが、1月13日付厚生労働省事務連絡「初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種を実施する場合の考え方について(その2)」において、次の通り更なる前倒し接種の考え方が示されました。

一般高齢者
(12月17日付厚生労働省事務連絡において、令和4年2月以降初回接種から7か月経過後に追加接種が可能となっていた、高齢者施設等の入所者等以外の高齢者)

令和4年3月以降初回接種(1・2回目接種)から6か月経過後 
医療従事者等、高齢者施設等の入所者等及び一般高齢者以外の方 令和4年3月以降初回接種から7か月経過後

接種会場

住民票のある市町村における新型コロナワクチン住民接種実施機関

※予約については、住民票のある市町村の案内に沿って行っていただきます。
※3回目意向調査で回答した医療機関については自院での接種が可能です。(詳細は各市町村にお尋ねください。)

接種費用

無料

ワクチンの種類

初回接種に用いたワクチンの種類に関わらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンを使用します。詳しくは厚生労働省作成の各ワクチンの説明書をご覧ください。

国からのお知らせ(厚生労働省作成リーフレット)

追加(3回目)接種に使用するワクチンのお知らせ ※65歳以上の方へ

vaccine3rd_65追加(3回目)接種に使用するワクチンのお知らせ(65歳以上の方へ)(2021年12月17日版)[PDF:407KB]

3 接種までの流れ

追加接種(3回目接種)のお知らせ追加(3回目)接種接種のお知らせ(PDF:679KB)

  1. 市町村から追加接種用の「接種券」と「新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ」が届きます。
    ※追加接種の接種券発送スケジュールや予約受付開始時期などは、市町村により異なることがあります。
    ※2回目の接種を完了した日から8か月以上経っていても接種券が届いていない方は、現在お住まいの市町村にお問合せください。
  2. お住まいの地域でワクチン接種ができる医療機関や接種会場を探し、予約をしてください。
  3. ワクチンを接種する際には、市町村より郵送される「封筒の中身一式」と「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。

※接種医療機関の方は、「ワクチン接種医療機関向けお知らせページ」をご覧ください。
※医療従事者の方も住所地の市町村から自宅に送付される接種券により接種をしていただきます(県から接種券は送付いたしません。)。接種券の送付時期等は住所地の市町村にお問合せください。

4 交互接種について

3回目接種(追加接種)に使用するワクチンは、1・2回目(初回接種)に接種したワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社製ワクチンまたは武田/モデルナ社製ワクチン)を用いることが適当とされており、初回接種と追加接種で異なる種類のワクチンを接種する「交互接種」が多くなると想定されています。

交互接種の有効性や安全性については次のリンク先で詳しく記載しています。

神奈川県「異なる種類のワクチン接種(交互接種)について」

5 県の大規模接種会場(3回目)

下記バナーの特設サイトより予約してください。

MD tuika

接種会場

新横浜国際ホテルマナーハウス(南館)(横浜市港北区新横浜3-7-8) 

接種期間

令和4年1月

1月22日(土曜日)・1月25日(火曜日)・1月30日(日曜日)・1月31日(月曜日)

令和4年2月、3月

各月とも15日程度実施予定

接種時間

平日:15時00分から21時00分まで

土日、休日:9時00分から18時00分まで

但し、3月21日(月曜日・祝日)は平日時間(15時00分から21時00分まで)での開催となります。

接種費用

費用はかかりません。

接種対象となる方

県内在住、在勤の医療従事者等

県内在住、在勤の高齢者施設等の従事者等

対象者の詳細は追加接種(3回目接種)特設サイトをご確認ください。

(注)本会場での接種は、上記の職種で、2回目接種の完了から6か月以上経過した方(18歳以上)が対象となります。 

予約方法

下記、特設サイトからお申込みください。(1月14日(金曜日)午後4時受付開始)

(注)お電話での予約受付は行っておりません。

特設サイト(別ウィンドウで開きます)

問合せ方法

  • 神奈川県モデルナ社ワクチン接種コールセンター

電話番号:0570-55-0638

開設時間 平日9時00分から17時00分まで(土・日・祝祭日は休業) 

県庁の各担当課ではお問合せを受け付けておりません。

6 よくある質問(厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」より抜粋)

厚生労働省が運営している「新型コロナワクチンQ&A」より、追加接種に関する情報を抜粋しています。回答内容の詳細やお問合せは、次のリンク先からご確認ください。

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」

質問 1.なぜ、追加(3回目)接種が必要なのですか。
回答 日本で接種が進められているワクチンは、高い発症予防効果等がある一方、感染予防効果や、高齢者においては重症化予防効果についても、時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが示唆されています。このため、感染拡大防止及び重症化予防の観点から、初回(1回目・2回目)接種を完了したすべての方に対して、追加接種の機会を提供することが望ましいとされています。
質問 2.追加(3回目)接種には、どのような効果がありますか。
回答 追加接種を行わなかった場合と比較して、感染予防効果や重症化予防効果等を高める効果があります。
質問 3.追加(3回目)接種では、どのワクチンが使用されますか。初回(1回目・2回目)接種とは異なるワクチンを使用(交互接種)しても大丈夫でしょうか。
回答

追加接種に使用するワクチンは、初回接種に用いたワクチンの種類に関わらず、mRNAワクチン(ファイザー社のワクチンまたは武田/モデルナ社のワクチン)を用いることが適当であるとされています。

質問 4.追加(3回目)接種ではどのような副反応がありますか。2回目より重いのでしょうか。
回答

ファイザー社のワクチンおよび武田/モデルナ社のワクチンいずれの場合も、2回目の接種後と比較して有害事象の発現傾向は概ね同様であると確認されています。リンパ節の腫れについては、初回(1・2回目)接種時と比較して、発現割合が高い傾向にあります。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa